給油キャップを閉め忘れたまま走行したらどうなるの?

どんな危険が潜んでいるか

 セルフ式のガソリンスタンドが一般的になってきた現在、最も多く
問い合わせがある給油キャップの置き忘れ。

 しかし、揮発性のあるガソリンに蓋をしないまま走行して何の問題も
起こらないものなのでしょうか?

 そこで今回は、給油キャップを閉め忘れたまま走行する事により
起こりうるトラブルや対策
などをまとめてみました。
給油キャップを閉め忘れたまま走行すると

フタがない給油キャップ
【どんなトラブルが起こるのか】
 セルフ方式のガソリンスタンドが増えたことにより、2日に1個は置き忘れが
あると言われる程、給油キャップの閉め忘れが多くなっているんです。

 では、給油口の蓋をしないまま走行してしまうと、どんなトラブルが起こる
のでしょうか?
 考えられるトラブルを以下に状況別でまとめてみたので、確認してみましょう。

  • 燃料タンクが満タンの場合
    燃料タンクが満タンの場合、走行による振動でガソリンが漏れ、塗装面に大きなダメージを与える可能性があります。

 ガソリンを満タンに給油した直後であれば、上記のような被害が想定できます。
 また、漏れたガソリンに引火し、炎上する危険性も考えられます。

  • キャップをしないまま走行し続けた場合
    揮発性の高いガソリンの場合、気化して車の周辺や車内に滞留することが考えられます。その状況で万が一、たばこを吸ったり、静電気が起こってしまったら…その後の事は容易に想像できますよね。

 注意して見てみると、時々ガソリンの給油口からゆらゆらとした陽炎のような
現象を見れることがあります。
この場合、蓋が閉まっていない可能性が高く、もしもこの状態で室内型の駐車場に
長時間止めた場合、大変危険な状態であると言えます。

 この様なトラブルの可能性を少しでも下げるために、キャップの閉め忘れに
気が付いた場合は早急に対処するようにしましょう。


給油キャップの代用品ってあるの?

給油キャップをラップで代用
【購入する時の価格って?】
 給油キャップの閉め忘れに気が付いたとしても、蓋がないままガソリンスタンド
まで取りに行くのは心配になりますよね。

 そこで、一時的ではありますが給油キャップの代用になるものを以下にまとめて
おきました。

  • サランラップで代用
    揮発したガソリンを徹底的に密閉するために、密封性の高いサランラップを代用する方法があります。穴あき防止のために2~3重にし、輪ゴムなどで止めると良いでしょう。

  • ビニール袋で代用
    サランラップと同じく、密封性の高いビニール袋で給油口を塞ぎ、輪ゴム等で止める事により揮発したガソリンの流出を緩和することが出来ます。

 これらは、あくまでも一時的な対処法と言えますので、紛失してしまった場合は
同車種を取り扱っている自動車販売店や、インターネットで同じ型式のキャップを
購入しましょう。
 価格は、1,000~1,500円程度で売られているものが多いようです。


給油キャップの閉め忘れによる事故事例って?

爆発する車
【蒸発ガスによる事故】
 最後に、給油キャップを閉め忘れたままでいたことが原因と思われる事故の
事例を掲載しておきます。

 原因や状況別にまとめてみたので、確認してみましょう。

○事故の状況
 男性が、車のトランクを開けようとした際に、トランク内から発火し爆発を起こした。
男性は腰の骨を折るなど、約5ヶ月の入院をする重傷を負った。

○原因
 消防本部の調査で、事故が起こる2日前に男性が給油した際、ガソリンスタンドの従業員がキャップを閉め忘れていた事が判明。
 男性からも、「車を停止させる度にガソリンのような臭いがし、燃料の減りが早かった」との証言もあり、給油口からガソリンが気化して車内の穴を通してトランク内に充満し、咥え煙草をしたままトランクを開けた為に引火したと推定されました。

 実際に、このようにキャップの閉め忘れが原因による事故も発生しています。

 この時の特徴としては、車内にガソリンの臭いが漂い、燃料の減りが早かった
という前兆も確認できているので、給油後に何か異変を感じたらすぐに確認
するよう心がけましょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.