よく読まれている記事

トラックを解体する時の手続きや費用って?

トラックの解体手続き

 廃車扱いになってしまうほどの事故や、長期間の使用により役目を終えた
トラックが行なう解体の手続き。

 一般的には、買取業者や解体業者に代行してもらうことが多いと思いますが
中には費用が掛かるから自分で手続を行なうという方も存在します。
 ですが、トラックの解体までにとるべき手続きの方法や、費用について
よくわからないという方も多いはず…。

 という事で今回は、トラックを解体する手続きや費用をまとめました。


トラックを解体するためには?

書類とボールペン
【必要な書類など】
 では、トラックを解体するまでに、どのような手続きや書類が必要になって
くるのか確認していきましょう。

 まず、トラックを解体するためには、解体予定の車両に対し廃車手続きを
行なう
必要があります。
 この時に、廃車手続きを代行して行なってくれる所もありますが、一定の
手数料が掛かることがほとんどです。

 ですが、この廃車手続きを自分でやってしえば手数料が発生することはあり
ません。
 という事で、以下に廃車手続きに必要な書類をまとめてみました。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)
  • 印鑑登録証明書(発行後3ヵ月以内のもの)
  • リサイクル券A・B券
  • 免許証等の身分証明書
  • 実印(印鑑証明書と同じ印鑑)

 これらの必要書類を準備し、現住所を管轄する運輸支局へ提出する事で
廃車の手続きを行なうことができます。

 あとは、廃車手続きが完了したトラックを業者に解体依頼することで、
トラックが処理される事となります。


解体にかかる費用って?

色んな国のお金
【トラックの解体費用】
 解体する理由として、乗らなくなったトラックの税金を払わなくてもいい
ように、という方もいると思います。
 ですが、お金を節約するために解体するのに、その解体にもお金が掛かって
くるんです。

 だからといって、自分で解体するわけにもいきませんよね…。
そこで、解体するために掛かる費用を以下にまとめてみました。

※店舗により車両の運搬料が変わることがあります
車両運搬料

自ら持ち込む
無料
自ら持ち込む
無料
引取りを依頼
10,000円程度
リサイクル料金

支払い済み
無料
中型トラックの場合
7,000円~11,000円
中型トラックの場合
7,000円~11,000円
総額費用

合計
無料
合計
7,000円~11,000円
合計
17,000円~21,000円

 このようになっていて、リサイクル料金が支払い済みであり、その車両を自ら
解体業者のもとに運搬できるのであれば、解体料は掛からない事になります。

 これは、平成17年1月1日に自動車リサイクル法という法律が施行され、自動
車を解体する場合は、車ごとに決められた自動車リサイクル料金を支払うことが
義務付けられた為、リサイクル料金を支払っていれば解体時に費用は発生しない
という事になるんですね。


解体した後の注意点

スクラップされた自動車
【永久抹消登録】
 最後に、トラックの解体を行なった後に注意点があり、解体後15日以内に永久
抹消登録と呼ばれる手続きを行なう必要
があります。

 これは、トラックの解体後には必ずやらなければいけない手続きで、自動車の
車籍を抹消する事などの目的があります。

 この永久抹消登録に必要な書類は、自分でやる場合と買取業者などに代行して
もらうのでは多少変わってきますが、ここでは自分で行う場合の必要書類を以下
にまとめていきます。

永久抹消登録に必要な書類一覧
  1. 所有者の印鑑証明
  2. 所有者の委任状
  3. 車検書
  4. ナンバープレート(前後二枚)
  5. 移動報告番号
  6. 解体報告記録日
  7. 永久抹消登録申請書(OCR3-3)
  8. 自動車税申告書
  9. 手数料納付書

 以上の書類が必要になってきます。
 また、5番と6番に記載されている移動報告番号と、解体報告記録日はメモ書き
などでも構いません。

 これら書類に必要事項を記入し、管轄の運輸支局で手続きをおこなうことで、
解体後を含むすべての手続きが終了です。
 一見、難しく思えるかもしれませんが、経費等の節約のためにも自身で行なって
みてはいかがでしょうか。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)