よく読まれている記事

中古車によくある修復歴の見分け方って?

修復歴を見分ける

 新車と比べて価格が安い、また早い納車が可能という事から多くの需要
がある中古車。

 そんな中古車の中でも価格が安く、気になって見てみると「修復歴あり」
と書かれている事がありますよね。
 修復歴ありと聞くと不安になりますが、技術が進歩したかいもあり、一見
素人目にはその判別が難しいですよね。

 そこで、中古車によくある修復歴の見分け方についてまとめました。


修復歴の定義って?

おもしろ事故車
【修復歴の概要】
 そもそも、修復歴というのはどういったものなんでしょうか?

 その定義として、日本自動車査定協会、自動車公正取引協議会、日本中古
自動車販売協会連合会で基準が設けられていて、以下の個所を修理もしくは
交換した車が修復歴車ということになっています。

※修復履歴に該当する場所の一覧
  1. フロントクロスメンバー
  2. ラジエターコアサポート
  3. フロントインサイドパネル
  4. フレーム
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. ルームフロアパネル
  8. トランクフロアパネル
  9. ピラー

※クリックで拡大

 この様になっており、駐車場などで他の車と接触してしまった、または
ボディをこすってしまった程度では修復歴に含まれることはありません

 あくまでも、上記の個所を交換もしくは修理している場合に、オークション
や中古車販売店で、「修復歴あり」として販売されます。


修復歴の見分け方って?

修理しているトラック
【見分けるポイント】
 では、これらの修復歴を見分けるポイントはどこになるんでしょうか?

 現在は整備工場や鈑金工場の技術も発展し、見た目ではほとんどわからない
もしくは、販売店側でどこを修理しているのか教えてくれる所がほとんどです。
 ですが、すべての販売店が修復箇所を教えてくれるとは限りません。

 そこで、以下に修復箇所を見分けるポイントをまとめていくので、中古車を
購入する時の参考にされてみてはいかがでしょうか?

  • 車体の左右を比べる
    車体は基本的に、左右対象になっています。フレームの形状が違っていたり、フロントパネルの隙間が違っていないか確認してみると良いでしょう。

  • ボルトの塗装を見てみる
    ボンネットなどを開けると、その繋ぎ目にボルトが使われています。もしもその塗装が剥げているもしくは、周辺と色が違っていたらボルト周辺を修復したことになります。

  • シーラーを確認する
    ドアの縁には、ドアシーリングと呼ばれる防水加工があります。ドアに衝撃を受けてシーリングの形状が左右で変わっている場合、修復されている事になります。

  • ナンバープレートを確認する
    ナンバープレートが付いている車両の場合、曲がっていたり鈑金の後がないかをチェックします。リアのナンバープレートは封印が外れた形跡が無いかを確認すると良いでしょう。

 などが挙げられます。
ですが、これらのポイントを把握していていても、そもそも修復歴がある車両を
選んでも大丈夫なのか、というところが気になりますよね。

 ということで、次の項目で修復歴がある車両を選んでも大丈夫なのかという
点について触れていきます。


修復歴があっても大丈夫なの?

修理しているトラック
【修復歴がある場合の安全性】
 中古車を選んでいる時に、価格が安いものを見つけ、よく見てみると「修復
歴あり」の文字が書かれている事がありますよね。
 いくら安くても修復歴が…と思っている方は多く存在すると思います。

 実際、修復歴ありの車両を選んだ際の不具合などは存在するんでしょうか?
以下に、事例をもとに不具合をピックアップしてみました。

  • ハンドルがブレる事がある
  • 高速で走行すると、軸が震える事がある
  • 車両の価値が落ちる

 などが挙げられます。
しかし、現在の鈑金屋さんや整備工場の整備技術は向上しているため、運転や
走行性能には全く問題がない
という意見も多く聞かれます。
 そこで、事例をもとにメリットをまとめてみました。

  • 何といっても価格が安い
  • なんの不具合もなく約20万km走行した
  • 修理箇所や内容を明確に提示してくれたから逆に安心できた

 などがあります。
この様に、現在は修復歴があっても問題なく乗れる車も多く存在します。
 この情報を参考に、中古車を選んでみるのも良いかもしれませんね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)