車検証の再発行に必要な書類や費用って?

車検証を再発行するには

 自動車の売買や、車検を受ける時など、自動車を保有する上で最も重要視
される自動車検査証。

 様々な場面で必要になる車検証ですが、紛失してしまった、もしくは汚し
てしまって見れなくなった、なんて方もいますよね。
 それと同時に、再発行するまでに何を準備したらいいのかわからないと
いう方も多くいるかと思います。

 そこで、車検証を再発行するために必要な書類や費用についてまとめました。
車検証を再発行するには?

再発行のスタンプ
【車検証とは】
 車検証は、正式名称を「自動車検査証」と言い、自動車の所有者や使用者を公証
したり、車検時における自動車保安基準に適合していることを証明する書類のこと
を言います。

 この車検証は、自動車の売買や車検時をはじめ、様々な場面で提示を求められる
事があります。
 また、車検証は法律上で携帯義務が科せられていて、道路運送車両法には以下の
ように記載されています。

道路運送車両法第66条
自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。

 とされており、この道路運送車両法に違反すると50万円以下の罰金に処される
可能性があります。
 そのため、車検証を紛失や盗難、または汚れたり破れてしまった場合、すぐに
再発行する必要があり、所有している車を管轄する運輸支局にて再交付手続き
行なう事ができます。

 では、次の項目で再発行に必要な書類を確認してみましょう。


車検証の再発行に必要な書類って?

大量の書類
【準備する書類など】
 では、車検証の再発行に必要な書類にはどんなものがあるのでしょうか?

 車検証の再発行は、自身で行う場合と、販売店などの代行業者に依頼して
行う場合とでは必要な書類が異なり、以下にそれぞれの項目別に必要な書類
をまとめてみました。

代行業者に依頼する場合
  1. 使用者の委任状
    使用者の認印の押印があるもの
  2. 車検証
    汚損したものが残っていた場合
  3. 理由書
    使用者の認印の押印があるもの

自身で手続きを行う場合
  1. 使用者の委任状
    使用者の認印の押印があるもの
  2. 車検証
    汚損したものが残っていた場合
  3. 理由書
    使用者の認印の押印があるもの
  4. 申請者の身分証明書
  5. 手数料納付書
  6. 申請書

 それぞれ、以上の書類が必要になってきます。
 また、理由書や委任状、手数料納付書および申請書に関しては、管轄する
運輸支局にて入手する事ができます。


再発行の費用や流れって?

運輸支局の受付
【再発行されるまで】
 前項目までで、再交付に必要な書類を揃えたと思いますので、ここでは再発行
までの流れや掛かる費用を確認していきましょう。

車検証の再交付申請までの流れ
  1. 申請書に必要事項を記入する
    自動車検査証再交付申請証(OCRシート第3号様式)に必要事項を記入する。

  2. 理由書に必要事項を記入する
    車検証を紛失して、返還できない場合は理由書が必要になります。
    また、車検証が破れたり汚れた場合等で、車検証自体が残っていて返還できる場合、理由書は必要ありません。

  3. 手数料納付書に必要事項を記入する
    この手数料納付書に手数料に相当する金額の印紙を貼り付けます。

  4. これら必要事項を記入した書類を運輸支局窓口に提出する
    書類上に不備があった場合、申請が受理されない可能性があるので、しっかり確認しましょう。

 車検証の再発行に掛かる費用と項目は以下のようになっています。

  • 再交付申請手数料
    300円
  • 申請書の用紙代(OCRシート第3号様式)
    100円程度
  • 車検証再発行代行料
    ※自身で行った場合は掛かりません

 車検証の再発行までの手順は決して難しくはないので、代行業者に依頼して
手数料を支払うよりは、自身でおこなってみるのも良いかもしれませんね。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.