増車手続きをする時の必要書類や流れって?

増車の申請方法

 近年、トラックドライバー不足が深刻化し、増車する事業所が減ってきて
いるトラック業界。

 現在はまだドライバー不足が解消されたとは言いがたい状況ですが、これが
解消されれば増車する事業所も増えてくる事でしょう。
 ですが、増車する機会が少ないため、その際に必要な書類や手続の方法など
詳しく知らない方も多く存在するんではないでしょうか?

 そこで今回は、増車する時に必要な書類や手順についてまとめていきます。
増車の概要

並んでいるトラック
【増車とは】
 そもそも、増車とはどういう事を指すのでしょうか?

 これは言葉の通り、トラック事業者が車両の台数を増やす時に行なう手続き
ことで、貨物自動車運送事業法第9条第3項にて以下のように定められています。

貨物自動車運送事業法第9条第3項
一般貨物自動車運送事業者は、事業用自動車に関する国土交通省令で定める事業計画の変更をするときは、あらかじめその旨を、国土交通省令で定める軽微な事項に関する事業計画の変更をしたときは、遅滞なくその旨を、国土交通大臣に届け出なければならない。

 とされていて、つまりトラックを増やしたり減らしたりする時は、国に届出を
提出しなければいけませんよ、という事なんです。

 また、事業用自動車を増車または減車する際は5日以内に届出る事が必要で、
この届出を行わないと、自動車の名義変更や廃車手続きも受け付けてもらえなく
なるので注意しましょう。


増車する時に必要な書類って?

たくさんある書類
【増車申請に必要な書類】
 では、トラックを増車する際に必要な書類はどんなものがあるんでしょうか?

 これは、事業用自動車全般における書類のため、バスやトラック、タクシーや
レンタカーにおいても同じ書類が必要となります。
 以下に、必要書類等を一覧にまとめてみたので確認してみましょう。

増車時に必要な書類等一覧
  • 事業計画変更届出書
  • 事業計画変更届出書別紙
  • 事業用自動車連絡書
  • 手数料納付書
  • 車検証の写し(中古車の場合)
  • 車台番号及び最大積載量が分かるもの(新車の場合)
  • 印鑑(実印)
  • ゴム印(会社)

 以上の書類等が必要となり、これら必要書類のほとんどは、運輸支局にて入手
する事が出来ます。
 また、インターネット環境が整っている方は、運輸局等のホームページ上で
ダウンロードすることも出来ます。


増車申請するまでの流れって?

陸運局の受付
【増車申請の流れ】
 前項目までに、必要な書類等の確認は出来たと思うので、最後に手続きまでの
流れをまとめていきたいと思います。

 以下に手続完了までの手順を書き出していくので確認してみましょう。

増車申請の手順
  1. 書類等に必要事項を記入します
    (記入漏れや不具合があると受理されない可能性があるので注意しましょう)

  2. 必要書類を運輸支局受付に提出します
    (受理された後、届出書の副本、事業用自動車連絡書、手数料納付書が返却されます)

  3. 車検場にて自動車登録を行います
    (手順2で受け取った書類が必要になります)

 以上で、増車の申請手続きが完了です。なお、自動車の登録は運輸支局への届出
から5日以上掛かるので注意が必要です。

 また、必要書類の記入及び、運輸支局への届出を代行業者に依頼した場合約2万円
程度(代行業者により価格差あり)掛かることになります。
 特別難しい事が発生する手続きではないので、自身で行なうことにより節約にも
なるので挑戦してみると良いでしょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.