ワイパーのびびりが起こる原因って?

ワイパーのびびり

 雨の日はもちろん、雪が降った時や黄砂などでフロントガラスが汚れた時に
活躍するワイパー。

 車を運転する上で欠かすことの出来ないワイパーですが、時々「ガガガ」
という音とともに波打つ時がありますよね。
 一度、このびびりが起きてしまうと、その後も自然に直ることは少なく
何らかの対処をしなければ視界の確保が困難になってしまいます。

 そこで今回は、ワイパーがびびる原因や調整方法についてまとめてみました。
ワイパーがびびる原因って?

新品のワイパー
【何が要因となっているのか】
 「ガガガ」という音とともに、波状に水が拭き取られると非常に不快な気持ちに
なりますよね。
 では、この様にワイパーがビビる原因としてどんな事が考えられるのでしょう
か?以下に原因として考えられるものをピックアップしてみました。

  • ワイパーゴムの劣化
  • フロントガラスに油膜が付着している
  • 押し付け圧が強い
  • 押し付け圧が均等になっていない

 などが考えられますが、主な原因としてワイパーの押し付け圧が均一になって
いない事
が多くなっているんです。
 これは、ワイパーアームが経年変化等により弯曲した事が原因で、フロント
ガラスとの設置角度が90度からズレた時に発生しやすくなっています。

※ワイパー角度の概要図

 この、びびりを調整するためにはどうしたら良いのか、次の項目で確認して
みましょう。


びびりを調整する方法って?

雲を消すワイパー
【フレーム調整】
 では、ワイパーアームが原因とした時の調整はどうしたらいいのでしょうか?

 一番簡単な方法としては、新品を購入することなんですが…びびりが発生する
たびにワイパーを交換していたら維持費が大変ですよね。
 そこで、以下にワイパーアームの調整方法をまとめてみたので、参考にして
みてはいかがでしょうか?

ワイパーアームの調整手順
  1. エンジンを始動して、ワイパーを作動させます
    この時、ワイパーがフロントガラスの中心辺りに来た時にエンジンを止め、ワイパーを中間地点で固定します。

  2. ワイパーを外してアームの先端とフロントガラスの角度を確認する
    びびりが発生している場合、アーム先端とフロントガラスが一点しか触れていない事が多いので、密着するように調節します。

  3. アームにウエスをかませて、ペンチ等でアームを曲げます
    この時に、少しずつ変形させるのがポイントで、微調整を行いながらガラス面に密着する様に調整しましょう。

 この作業を2本分こなせば、アームの調整は終了です。

 ただし、この作業は取り付けられているアームの形状を変形させる事になるので
力を入れ過ぎると修復が不可能になることも考えられます。
 調整を行う際は、力加減に注意して行なうようにしましょう。また、自分でうまく
調節する自身がない方は、カー用品店などに依頼するのも良いかもしれませんね。


ワイパーの交換時期って?

ワイパーの画像
【交換目安となる時期って?】
 前項目までに、ワイパーのびびりによるアームの調節方法をまとめてきましたが、
もしもそれでも改善されなかった場合はワイパーゴムの劣化が考えられます。

 その際は、あなたが乗っている車種に適合したワイパーを選び、交換してみる
事をおすすめします。
 また、びびりがなかったとしてもワイパーの交換目安となるポイントがいくつか
存在するので、以下に一覧でまとめてみました。

ワイパーの交換目安
  • ワイパーのゴムが切れている
  • ワイパーゴムに割れが見られる
  • スジ状の拭き残しが目立つようになってきた
  • 拭きとった際にガラスに水がにじむ
  • 拭きムラが出るようになってきた

 これらの症状が出てきたら、ワイパーの交換目安として良いでしょう。

 また、ワイパーゴムは1年に1回の交換が推奨されていますが、ゴムの寿命は
使用状況や車の保管環境等で大きく変わります。
 ひび割れや端が切れている等の症状が出ていなくても、一つの交換目安として
覚えておくと良いかもしれませんね。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.