簡単にできるタイヤの溝の測り方って?

タイヤの測定方法

 雨や雪が降った日に、車をスリップさせないよう重要な役割を果たしている
タイヤの溝。

 まさに、タイヤの命とも言える溝ですが、測定器がないと測れないという
イメージが強く、お店で測定してもらっている方が大半だと思います。
 ですが、測定器などを使わず簡単に測れる方法があるなら、それに越した事は
ないですよね?

 そこで今回は、タイヤ溝を簡単に測定する方法についてまとめていきます。
夏タイヤと冬タイヤは溝の深さが違う?

新品のタイヤ
【タイヤ深さの基準って?】
 タイヤの溝と一言に言っても、夏用タイヤと冬用のスタッドレスタイヤでは
交換基準となる溝の深さが異なることをご存知でしたか?

 夏用タイヤには「スリップサイン」と呼ばれるタイヤの交換基準となる目印
があり、タイヤ溝が1.6mm以下になると出現します。
 この、スリップサインが出た車両で走行することは道路運送車両の保安基準
で禁止されているんです。

夏用タイヤの交換基準値
対象車両

乗用車・軽トラック
小型トラック
大型トラック・バス用タイヤ




基準値

1.6mm
2.4mm
3.2mm

 また、冬用のスタッドレスタイヤには「プラットホーム」と呼ばれるタイヤの
交換基準となる目印があり、溝の深さが50%以下になると出現します。
 この、プラっとホームが出た状態だと氷雪路での走行が危険とされており、
冬用タイヤとしては使用できないとされているんです。

スタッドレスタイヤの交換基準値
対象車両

乗用車・軽トラック
小型トラック
大型トラック・バス用タイヤ




基準値

溝が50%以下になる
溝が50%以下になる
溝が50%以下になる

 この様に、目印となるサインはあるものの、あくまでも一つの目安として見られる
事も多く、実際に溝の深さを測定する法が確実と言えます。

 そこで、次の項目でタイヤ溝を簡単に測定する方法をまとめていくので、確認して
いきましょう。


溝の測定方法って?

立ててある100円玉
【簡単にできるやり方】
 道路を安全に走行する為には、必要不可欠なタイヤの溝ですが、これを簡単に
測定できる方法があれば非常に便利ですよね。

 一般的には、ガソリンスタンドやカー用品店等で測定及び判断してもらって
いる方がほとんどだと思います。
 ですが、本当にもうダメなの?と疑問を感じる方も多いと思います。そこで、
以下に誰でも簡単にできるタイヤ溝の測定方法をまとめていきます。

スタッドレスタイヤの溝測定方法
  • 100円玉を使った測定
    通常、新品のスタッドレスタイヤの溝の深さは約10mm(タイヤのサイズによって多少異なります)。
    100円玉の「1」からフチまでの長さが約5mmなので、溝に100円玉を差し込んで「1」が見えたら、ほぼ50%摩耗していることになるため、交換の基準に達していると判断できます。

夏タイヤの溝測定方法
  • 10円玉を使った測定
    自動車用タイヤの摩耗限度は1.6mmと規定されていますが、これは車検などをパスするための最低の値です。
    一般的には雨の日の制動距離などを考えると、残り溝が2.5~3.0mmが交換時期とされており、10円玉を差し込んだ時に淵の内側の葉の部分が見えていたら、交換基準の目安とされています。



事故を起こさないためにも

溝がないタイヤ
【溝がなくなる前に交換】
 前項目でもお話しましたが、夏タイヤの場合1.6mmというのは車検などをパス
するための最低基準であり、実際に雨の日などに走行していて制動距離が長いと
感じたり、いつもより滑ると思った際には早めに交換する様にしましょう。

 また、スタッドレスタイヤにも同じことが言え、基準とされている50%の摩耗
も、あくまでも交換基準の一つであり、タイヤの保管状態などによりタイヤが
硬化していたり、割れている等がみられた場合すぐに交換する事をおすすめし
ます。

 なお、以下にタイヤに関する記事をいくつか掲載しておくので興味の有る方は
参考までにご覧になってみてはいかがでしょうか?

○トラックのタイヤの交換時期は?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

○【タイヤ交換時期のサイン】スリップサインの見方を教えて!
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-442.html

○【事故を予防するために】タイヤがバーストする前兆ってある?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-517.html
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.