飲酒運転時における同乗者の罰則や罰金って?

飲酒運転時の同乗者の罰則

 一般的にも、その危険性は広く周知されているにも関わらず、未だ年間
数千件にも及ぶ飲酒運転による交通事故。

 今では飲酒運転者だけではなく、その同乗者や飲酒に関わった方にも罪が
科せられる事も広く知られていると思います。
 ですが、飲酒運転に同乗した方がどのような罰則を受けるのか?という
点を把握している方は少ないのではないでしょうか?

 今回は、飲酒運転における同乗者の罰則や罰金についてまとめました。
飲酒運転の刑罰や罰金

飲酒検問をする警察
【飲酒運転による罰則】
 そもそも、飲酒運転をするとどのような罰則が科せられるのでしょうか?

 一般的に使われている飲酒運転と呼ばれるものには「酒気帯び運転」と
「酒酔い運転」と呼ばれるものに分類されており、これらは罰則や罰金等の
判断基準も異なっています。

 以下に、飲酒運転による罰則を酒酔いと酒気帯び、それぞれまとめたので
確認してみましょう。

飲酒運転による罰則


酒気帯び運転

酒酔い運転
基準値

呼気中アルコール濃度0.25mg未満
呼気中アルコール濃度0.25mg以上
警察による独自の判断
違反点数

13点
25点
35点
罰則

3年以下の懲役or50万円以下の罰金
3年以下の懲役or50万円以下の罰金
5年以下の懲役or100万円以下の罰金

 このようになっており、飲酒運転をした場合非常に重たい罰則が科せられる
事になります。

 では、飲酒運転者への罰則はわかりましたが、その同乗者にはどの様な罰則
が科せられる事になるんでしょうか?次の項目で確認してみましょう。


同乗者の罰則って?

生ビール
【同乗者に科される罰則とは】
 飲酒運転に同乗した時の罰則ですが、そもそも運転しているわけではないのに
罪に問われる事になるのでしょうか?

 そこで、道路交通法を調べてみたところ、道路交通法第六十五条三項及び四項に
この様な記述がありました。

  • 道路交通法第六十五条第三項
    何人も、第一項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない。

  • 道路交通法第六十五条第四項
    何人も、車両(~一部省略~)の運転者が酒気を帯びていることを知りながら、当該運転者に対し、当該車両を運転して自己を運送することを要求し、又は依頼して、当該運転者が第一項の規定に違反して運転する車両に同乗してはならない。

 つまり、車を運転する予定の人に、お酒を提供及び勧めるのはダメですよ。
お酒を飲んでいる人に送迎をお願いしたり、飲酒者が運転する車両に同乗する
事もいけません
よ、とされているんです。

 なお、同乗者及びお酒の提供者に対する罰則は、運転者の呼気中アルコール
濃度により左右されることになり、その詳細は以下のようになっています。

飲酒運転に同乗した際の罰則


運転者が酒気帯び運転
運転者が酒酔い運転
行政処分

免許停止処分(90日間)
免許取り消し(2年)
罰則

2年以下の懲役or30万円以下の罰金
3年以下の懲役or50万円以下の罰金

 このように、運転者よりは軽いものの同様に重い罪に問われる事となります。
自身が運転するわけではないからと、運転者に対してお酒を勧めたり、飲酒して
いる事をわかった上で同乗するような行為は絶対にやめましょう。


同乗しなくても注意が必要

ビールを飲む猫
【免許証の有無は関係ない】
 この飲酒運転に関する法令は厳しく定められており、運転者や同乗者はもちろん
乗車していなくても罪に問われることが有り、道路交通法第六十五条第ニ項に以下
のような記述があります。

  • 道路交通法第六十五条第ニ項
    何人も、酒気を帯びている者で、前項の規定に違反して車両等を運転する事となるおそれがあるものに対し、車両を提供してはならない。

 とあり、お酒を飲んでいる人に車を貸したり、飲酒運転をするおそれがある人に
車を貸すと同罪
になりますよ、となっているんです。
その罰則も運転者と同様に重たい内容となっており、詳細は以下のようになって
います。

飲酒運転に車両提供した際の罰則


運転者が酒気帯び運転
運転者が酒酔い運転
行政処分

免許停止処分(90日間)
免許取り消し(2年)
罰則

3年以下の懲役or50万円以下の罰金
5年以下の懲役or100万円以下の罰金

 このようになっており、行政処分以外は運転者と同様の罰則が科せられる事に
なります。

 また、同乗者及び車両提供者が免許証を持っていない場合においても、行政処分
が科されないだけで、罰則は科せられる
事になります。免許証を持っていなくても
飲酒運転車両に同乗するような行為は絶対にやめましょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

人間の相棒からの仕置き
裁判で判決が出て、刑が確定した段階で「猫パンチ」を罪人に受けさせましょう。人間と一番近くにいるペットからの仕置きです。
  • 2015/06/14 07:08
  • Mr.Kiyo
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.