車線逸脱警報システムのメリットって?

車線逸脱警報システムの利点

 脇見運転や居眠り運転など、様々な原因により引き起こされる車線の逸脱。

 この車線の逸脱を回避するために、各車両メーカーがそれぞれ防止システム
を開発しているんです。
 ですが、車線をはみ出すと何の問題があるのか?このシステムは必要なのか?
と思っている方も多く存在すると思います。

 そこで今回は、車線逸脱警報システムのメリットについてまとめてみました。
車線逸脱警報システムとは

車線逸脱防止システムのカメラ
【車線逸脱警報システムの概要】
 そもそも、車線逸脱警報システムとはどういったものなんでしょうか?

 これは、ドライバーの意志とは関係なく車線を逸脱した際、警報音等によって
ドライバーに知らせるシステムのこと
で、様々な呼び方が存在するため、以下に
まとめてみました。

  • 車線逸脱防止支援システム
  • 車線逸脱警報システム
  • 車線維持支援システム
  • 車線逸脱警報装置
  • 車線逸脱防止装置

 など、様々な呼ばれ方が存在しますが、どれも同じ装置の事で各メーカーによる
呼称の違いはあるものの、システム自体に大きな違いはありません。
そして、各メーカー毎の名称は以下のようになっています。

各メーカーの名称
  • 日産自動車 レーンディパーチャープリベンション(LDP)
  • ホンダ レーンキープアシストシステム(LKAS)
  • マツダ レーンデパーチャーワーニングシステム(LDWS)
  • トヨタ レーン・キーピング・アシスト
  • レクサス レーン・ディパーチャー・アラート(LDA)
  • フォルクスワーゲン レーンアシスト
  • BMW レーン・ディパーチャー・ウォーニング

 このシステムは主に、車内に設置されたCCDカメラの画像をもとに車線を認識し、
ウインカーを操作しないまま車線を逸脱しそうになると、警報音を鳴らしたり、ディ
スプレイに表示するなどしてドライバーに知らせます。
 また、電動パワーステアリング(EPS)にトルクを発生させるなどの制御を行い、
車線維持をアシストする自動ステアリング操作もあります。


車線逸脱警報システムのメリットって?

車線逸脱防止用のラバーポール
【車線逸脱警報システムの利点】
 様々な自動車メーカーから販売されている車線逸脱警報システムですが、この
装置を取り付ける事によるメリットとは、どんな事が考えられるのでしょうか?

 以下に、考えられるメリットをまとめてみたので確認してみましょう。

  • 不注意により引き起こされる事故を回避する事ができる
  • 警報音による居眠りからの回復も見込める
  • チャッターバーや縁石等によるタイヤの破損を防止できる
  • 結果的な故障や修理費を抑えることが出来る

 などが挙げられます。

 また、トラックなどの商用車に関わる事故の5件に1件が、側方の車両との衝突
であることが報告されているため、これを設置する事により事故を未然に防ぐこと
に効果的
と言えます。

 他にも、チャッターバーや縁石への乗り上げ等による、タイヤの破損防止や負担
軽減にも繋がるため、長期的かつ安全に乗車し続ける事ができると言えます。


車線逸脱警報システムの関連動画

車線逸脱警報システム付きのドラレコ
【実際に見る車線逸脱警報システム】
 では、最後に車線逸脱警報システムを使った実際の動画を掲載しておくので
購入や効果を確かめるための参考になさってみてはいかがでしょうか?

 これは、スバルから出されている車線逸脱防止機能ですが、衝突被害軽減
ブレーキでお馴染みの「アイサイト」と連動していて、車線をはみ出しそうに
なると自動でハンドル制御をしてくれるなど、最新技術を見ることが出来ます。


おすすめ記事
関連記事


Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015/06/09 15:12
  • -
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.