よく読まれている記事

雪が降った時にワイパーを立てる理由って?

なぜ立てるのか

 雨や雪が降った時、視界を確保するため欠かすことの出来ないワイパー。

 実はこのワイパー、雪が降り始めた時、ある対策の一環として駐車時に
立てておく事があるんです。
 降雪地域の方にとっては見慣れている光景かもしれませんが、たまにしか
雪が降らない地域の方にとっては立てる理由がわかりませんよね。

 そこで今回は、雪が降った時にワイパーを立てる理由についてまとめて
みました。


冬にワイパーを立てる理由って?

雪が降ってワイパーを立てている
【降雪時にワイパーを立てる意味】
 年間を通して降雪量が少ない地域の方にとっては、あまり見慣れない光景かも
しれませんが、冬にワイパーを立てたまま駐車している車を見たことがありませ
んか?

 実はこれ、雪が降った時にワイパーに不具合が起こらないようにするための
対策として行われているんです。
 具体的には、どんな効果があるのか気になりますよね?そこで、以下に一覧で
まとめてみました。

ワイパーを立てた時の効果
  • 雪下ろしをしやすい
  • ワイパーブレードの凍結防止
  • ワイパーとフロントガラスの接着防止
  • 雪の重みによる弯曲防止

 などが挙げられ、雪が原因で起こる故障や不具合を防止するためなんですね。

 では、逆に雪が降った日にワイパーを上げておかなかった場合、どんな故障や
不具合が起こるんでしょうか?次の項目で確認してみましょう。


もしも立てなかったらどうなるの?

凍ったワイパー
【故障の原因にも…】
 では、冬に雪が降った時ワイパーを上げておかなかった事により、どんな不具合
が考えられるのでしょうか?
 前項目で記述した防止策の内容を基に、以下にまとめてみました。

  1. ワイパーブレードの凍結
     これは、雪が降り積もり始めた時にワイパー上で雪が溶け、その水滴が凍りワイパーに付着する現象です。そうなると、視界を確保しようにもスジ状の拭き残しが発生したり、拭きとった際フロントガラスに水がにじむなどの不具合が発生しやすくなってきます。

  2. ワイパーとフロントガラスが接着する
     これは、溶けた雪が凍ることで接着剤と同じ役割を果たし、フロントガラスとワイパーをくっつけてしまう現象です。そうなった状態で動かすと、ワイパーリンクと呼ばれる内部の部品を壊してしまう可能性が非常に高く、一度壊れてしまうと修理しない限りワイパーが動かなくなってしますします。

  3. 雪の重みで弯曲する
     これはその意味の通り、降り積もった雪の重みでワイパーが湾曲してしまう現象です。降り積もった雪は、優に数十キロはいってしまうほど非常に重たいものなんです。それがワイパーにのしかかることによって弯曲する可能性があるんです。

 このように、様々なワイパーの故障や不具合が考えられるんです。

 ただ、雪が降る度にワイパーを上げるのが面倒だと言う方も居ると思いますが、
万が一修理費が発生する状況になってしまった事を考えると、後から上げておけば
よかった…なんて状況になり兼ねません。

 その為、多少めんどくさいという気持ちがあっても、雪が降った時にはワイパー
を上げておく事をおすすめします。


ワイパーの修理費って?

ワイパーの交換作業
【壊れた時の交換費用】
 最後に、万が一ワイパーリンクが故障してしまったり、ワイパーゴムの交換が
必要になってしまった場合、どれくらいの修理費用が掛かるのか気になるところ
ですよね。

 そこで、ワイパーに関する修理費用を簡単にまとめてみました。

ワイパー部品の交換費用一覧
交換部品名

ワイパーゴム
ワイパーブレード
ワイパーリンク
値段

300円~1,000円
2,000円~3,000円
8,000円~12,000円
工賃

300円~500円
200円~500円
6,000円~9,000円

 このように、高いものだと工賃を含んで2万円近くも掛かってしまう事になり
ます。ただ、各店舗や地域によって値段に誤差が発生する事もあるので、参考
程度にお考えください。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)