よく読まれている記事

道路上にある白線の種類や色などの意味って?

道路上の白線の意味

 交通ルール厳守及び安全確保のため、必ず引かれている道路上の白線。

 普段運転していると、当たり前のように目にする道路標示ですが、白線のもの
や黄色線のものなど、様々な種類がありますよね。
 これらの意味は、すべて教習所で習ったはずですが、言われてみるとどんな
意味があったか忘れた…なんて方も。

 そこで今回は、色いろある道路標示の種類や意味についてまとめてみました。


様々な道路標示が存在する

上から見た道路
【道路標示の種類】
 日頃、運転している方であれば様々な種類の白線が存在する事は理解していると
思いますが、どんな種類があったか?また、それぞれの意味は?と改めて聞かれる
と、なんだったか忘れた…なんて方も多いですよね。

 この白線は、交通事故を未然に防ぐための規制であったり、交通の流れを円滑に
おこなうためのもの
で、実線や破線、黄色のものや、白線と黄色線が組み合わされ
たものが存在します。

 これだけ種類があると、意味を忘れる、または間違えて覚えていたなんて事も
あると思います。そこで、以下に種類ごとの意味などをまとめていくので確認して
いきましょう。


白線の実線

道路上の白線
【白線実線の意味とは】
 では、白線の実線にはどんな意味があるのでしょうか?

 これは「はみ出し禁止」の意味があり、追い抜き及び追い越しどちらの場合に
おいても、車線をはみ出すことは禁止
されています。

 白の実線は、道路の左側部分の幅が6m以上ある道路にしか引かれないため、
車線の広さに余裕をもって造っているから、白線をはみ出さないようにしよう
と言うことなんですね。

 ちなみに、もしもこれを守らずに白線実線をはみだして追い越しや追い抜きを
おこなった場合、以下の様な罰則に処される事になります。

白線実線をはみ出した際の罰則
違反行為

追越し違反

違反点数

2点

反則金

大型車 1万2千円
普通車 9千円


白線の破線

道路にある白線破線
【白線破線の意味とは】
 次に、白線の破線にはどんな意味があるのでしょうか?

 これは、実線以外の場所に引かれる白線で、道路の左側部分の幅が6m未満の
道路に引かれていて、車線を区分けする事を主な目的としているため、特に禁止
事項は存在しません


 ただ、通常は白線と空白の部分が5m間隔で引かれていますが、白線が短く連続
して引かれている場合は、追突事故が多いなどの理由から錯覚を利用して車線幅を
狭く見せて減速させる効果も兼ねている
ようです。


黄色線

道路の黄色車線
【黄色線の意味とは】
 次に、黄色の実線にはどのような意味があるのでしょうか?

 これは「追越のためのはみ出し禁止」の意味があり、片側一車線の道路や峠など
における見通しの悪い道路に引かれている事が多く、工事中もしくは停止車両が
いた場合に限りはみ出しても良い
事になっています。

 もしも、緊急時や停止車両がいないにも関わらず黄色線をはみ出して追越しを
した場合は、以下の様な罰則に処される事になります。

やむを得ない場合以外で黄色線をはみ出した際の罰則
違反行為

追越し違反

違反点数

2点

反則金

大型車 1万2千円
普通車 9千円


白線の両端に黄色線

道路の白線と黄色線
【白線破線の意味とは】
 次に、ここまで確認してきた白線の破線と黄色線が一緒くたになっている場合は、
どのような意味があるのでしょうか?

 これは、白線と黄色線が一緒になったからと言って意味合いが変わることはなく
走行車線側から見た時に白線破線が内側にあり、外側に黄色線があった場合は、
黄色線をまたいで追越しはしても良い」という意味合いになります。

 黄色実線はまたいでは行けないと覚えている方も多いので、間違いやすいですが、
この場合は、またいでも良いとされているようです。

 逆に、走行車線側から見て内側に黄色線があった場合は、前項目でも確認した
様に「停止車両がいた等の緊急時以外ははみ出してはいけませんよ」という意味
になります。

 もしも、これに違反してしまった場合は、黄色線と同様に以下の様な罰則に処さ
れる事になります。

緊急時以外で白線の破線を超えて黄色線をはみ出した際の罰則
違反行為

追越し違反

違反点数

2点

反則金

大型車 1万2千円
普通車 9千円


ゼブラゾーン

ゼブラゾーン
【ゼブラゾーンの意味とは】
 最後に同じ白線でも、囲われた白線「ゼブラゾーン」にはどのような意味があ
るのでしょうか?

 これは、交差点等において通行する車の走行を安全に誘導するために引かれて
いる線で「導流帯」とも呼ばれています。道路交通法において、ゼブラゾーンへ
進入する事は禁止されていないため走行しても特に罰則が科されることはありま
せん


 ただ、車両運転者の意識としてゼブラゾーンにむやみに進入するべきではない
と考えられているため、ゼブラゾーンを走行する車両が事故を起こした場合は、
5~20%程度の過失割合が加算されることがあるので注意しましょう。
関連記事

Comment

訂正
間違いがあります。
白線破線が内側にあり、外側に黄色線があった場合は、「黄色線を踏んで追い越ししても良い」です。
誤解を生みますので気を付けて下さい。
  • 2015/11/15 11:32
  • えぬ
Re: 訂正
> 間違いがあります。
> 白線破線が内側にあり、外側に黄色線があった場合は、「黄色線を踏んで追い越ししても良い」です。
> 誤解を生みますので気を付けて下さい。

ご指摘ありがとうございます。
こちら修正致しました。
  • 2015/11/17 10:58
  • トラック相談所
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/03/18 07:51
  • -
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/05/26 22:26
  • -
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/05/26 22:33
  • -
質問
白実線の事ですが、線をはみ出さず追い越し追い抜きができるのはセンターラインが白実線の時であると認識していますが片側二車線以上の道路で走行帯を分ける線で白実線が有るのは車線幅6mもないところでもあります。首都高や高速道路のトンネル内や一般道の交差点の横断歩道の手前などにも存在します。センターライン以外の白実線はどの様に解釈すればいいのでしょうか?交差点や横断歩道は、そもそも進路変更禁止だと思うので黄色実線で良いと思うのですが。
  • 2017/01/13 21:40
  • -
あの写真は白線実線が中央線でないので、はみ出して追い越すことは可能です
  • 2017/04/16 23:14
  • -
  • Edit
専用レーンのゼブラゾーン
専用レーンのゼブラゾーンで通行中の事故はゼブラゾーン通行中の方が有利。
  • 2017/10/11 21:29
  • 教習所の間違い
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)