よく読まれている記事

スペアタイヤで可能な走行距離ってどれくらい?

スペアタイヤの寿命

 車で旅行やドライブを楽しんでいるとき、不意に起こるタイヤトラブル。

 車を運転する人にとって、遠出時にパンクやバーストを起こしたなんて
よくある話ですよね。
 そんな時に活躍するスペアタイヤですが、その見た目の小ささから、
どれくらいの距離を走行可能なのか…心配になる方も多いはず。

 そこで今回は、スペアタイヤで可能な走行距離はどれくらいなのか?
という点にピックアップしてみました。


スペアタイヤについて

パンクしたタイヤ
【スペアタイヤとは】
 通常、車にはパンクやバーストを起こした時に備えて、トランクの中や車体の下、
後部ドアなどにスペアタイヤが積載
されていますよね。
 ですが、最近では車両重量の軽量化やスペースの有効活用を目的にパンク修理キ
ッドが代替品として搭載される車も増えてきているんだとか。

 また、タイヤの性能が上がってきたことにより、パンクやバーストを起こす車が
かなり減ってきたようにも思えますが、平成23年度JAFに寄せられたタイヤのパン
ク等による救援要請は30万件で、救援理由の第3位となっており、未だにスペアタ
イヤの利用者は多く存在しているそうです。

 そんなスペアタイヤですが、通常のものと比較した時にタイヤ幅が細く接地面積
が小さい
ため、見た目にも頼りなく思えるところがありますが、一体どこまで走る
ことができるのでしょうか?次の項目で確認してみましょう。


スペアタイヤで可能な走行距離って?

スペアタイヤで走る車
【どれくらい走れるのか】
 では、見た目にも小さく長距離走行には不向きな印象が残るスペアタイヤですが、
一体どれくらいの距離を走行できるのでしょうか?

 一般的に、スペアタイヤは緊急時の使用を目的として作られているため、長距離
の走行には不向きとされており、安全に走行できる距離は100km程度とされてい
ます。また、耐久性度も通常のものより低くなっているため、時速70~80km/h
以内の走行
が良いとされています。

スペアタイヤの耐久性度
  • 走行可能距離 100km/h程度
  • 走行可能速度 70~80km/h

 このように、スペアタイヤのままでは長距離の走行及び高速での走行には向かない
ため、何らかの理由で交換した後は早急に問題があったタイヤの処置をする必要があ
ります。

 なお、以下にタイヤ交換に関する記事を記載しておくので、興味のある方はご覧に
なってみてはいかがでしょうか?

○トラックのタイヤ交換の方法を教えて!(ISO規定編)
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-462.html

○トラックのタイヤ交換の方法を教えて!(JIS規定編)
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-468.html


スペアタイヤに積載義務はない

車検ステッカー
【燃費の違いなど】
 最後に、スペアタイヤをもともと積んでいたけど燃費向上のために降ろしている
などの話しを耳にする事がありますが、実際にはどの程度影響してくるのか気にな
りますよね?

 そこで調べてみたところ、スペアタイヤの重量は約10kg程度となっており、軽自
動車や普通自動車の平均的な車両重量からみても1%にも満たない重さになります。
 そのため、スペアタイヤが燃費に与える影響はほとんどないという事になり、
例え影響があったとしても1万km走行して1Lの節約になる程度とされています。

 この程度であれば、パンクやバーストした時に備えて、スペアタイヤを積載して
おいた方が安心できると言えますね。

【スペアタイヤの積載義務】
 前述で燃費向上を計り、スペアタイヤを降ろす方が多いとしましたが、スペア
タイヤを積載していなくても法律的に問題はないのでしょうか?

 これについて調べてみたところ、以前は積載義務があったそうですが、現在は
車検項目にもスペアタイヤについての点検項目が記載されていないため、積載し
ていなくても車検は通りますし、違法車両とされることもない
そうです。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)