【踏み間違え防止】誤発進防止システムのメリットって?

誤発進防止システムの概要

 高齢化社会が進むにつれ、近年問題となっているブレーキの踏み間違い事故。

 そんな問題を解決すべく、各自動車メーカーから誤発進防止システムと呼ばれ
る便利な機能が出されているんです。
 テレビCMでも見かけることはありますが、利用者としてはどんな機能なのか?
メリットはあるのかなど気になるところも多いと思います。

 そこで今回は、誤発進防止システムのメリットについてまとめてみました。
誤発進防止システムとは

誤発進防止システム
【各メーカーの誤発進防止システム】
 そもそも、誤発進防止システムとはどういった機能のことをいうのでしょうか?

 これは、アクセルとブレーキを踏み間違えた事による事故が年間約7,000件発生
しているため、各自動車メーカーが急発進事故への対策として開発したシステム
ことを言います。

 この誤発進防止システムには、センサー検知方式とアクセル感知方式があり、
各メーカー別の名称等は以下のようになっています。

センサー検知方式
自動車メーカー

スバル
マツダ
ダイハツ
トヨタ
日産
スズキ
ホンダ
システム名称

アイサイト(EyeSight)
スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)
スマートアシスト
インテリジェントクリアランスソナー
踏み間違い衝突防止アシスト
レーダーブレーキサポート
シティブレーキアクティブシステム

アクセル検知方式
製造メーカー

サン自動車工業
ダイイチ
システム名称

S-DRIVE誤発進防止システム
セフティドライビング・アシストシステム

 このセンサー検知方式のものは、衝突被害軽減ブレーキと併用して使われる事が
多くなっているため、急発進以外の踏み間違え事故に対しても効果があるとされて
います。

 また、アクセル検知方式はアクセルペダルの踏み込み速度を感知する構造になって
いて、停車時や低速時に急な踏み込みをした場合に急ブレーキを掛ける、エンジンを
停止するなどの機能が備えられています。


誤発進防止システムのメリットって?

コンビニに突っ込んだ車
【誤発進防止システムの利点】
 各自動車メーカー及び製造会社から販売されている誤発進防止システムですが、
取り付けることによってどんなメリットが考えられるのでしょうか?

 以下に考えられるメリットをまとめてみたので確認してみましょう。

誤発進防止システムのメリット
  • 駐車時に間違えてアクセルを踏んだ時に事故を防止できる
  • 渋滞時に間違えてアクセルを踏んだ時に玉突き事故等を防止できる
  • バック操作時に間違えてアクセルを踏み込んだ時に事故を防止できる

 などが挙げられ、問題となっている高齢者や若者の踏み間違えによる事故を大幅に
軽減することが期待できるといえます。

 ただ、この装置は障害物との接触を緩和する機能であったり、車両状態や天候に
よっては作動しない可能性があるものなど、100%事故を起こさないというものでは
ありません


 そのため、このシステムを導入したからといい過信するのではなく、適切なギアの
確認や正しい運転姿勢での操作など、自分自身で常に安全運転を心がけるようにしま
しょう。


後付けはできるの?

スマートアシストの実験
【取り付け費用など】
 では、この誤発進防止システムを後付けすることはできるのか?また、その際に
どれくらいの費用が掛かるのか気になりますよね。

 そこで、調べてみたところ各自動車メーカーから販売されている、センサー検知
方式のものに関しては基本的に後付け対応しているものはありません
でした。

 ただ、アクセル感知方式のものに関しては後付けができるとされており、価格も
取り付け費用を含めて5万円前後で設置が可能となっています。

 最後に、誤発進防止システムの動作実験をおこなっている動画を掲載しておくので
興味のある方は参考までにご覧になってみてはいかがでしょうか?

誤発進防止システムの動作実験の様子
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.