よく読まれている記事

ガソリンを給油するときにエンジンを停止する理由って?

給油時のエンジン停止

 一歩間違えると、火災や爆発事故を起こしかねないガソリンスタンド。

 ガソリンを給油するときはエンジンを切る、という流れは一般的にマナー
化していますよね。
 ただ、中にはエンジンを切らずに給油している方もいるため、エンジンを
停止させる理由ってなんだろう?と思う方も多いのでは…。

 そこで今回は、ガソリンの給油中にエンジンを停止させる理由について
まとめてみました。


給油中エンジンを停止させる理由って?

エンジンを切る
【法律で定められている?】
 ガソリンを給油するとき、エンジンを切ることが一般的にマナー化しています
が、中にはエンジンを切らずに給油する方もいますよね。
 つまり、エンジンを停止してもしなくても、給油してもらうことが出来るわけ
ですが…では、何故エンジンを停止させる必要があるのでしょうか?

 そこで、法的な根拠があるのか調べてみたところ、消防法の危険物の規制に
関する政令に以下のような記述がありました。

危険物の規制に関する政令第27条6項1のロ
「自動車等に給油するときは、自動車等の原動機を停止させること」

 と記述されており、つまり消防法上においてエンジンを停止させる責任が発生
するという事になるんです。ただ、これは危険物を取り扱うガソリンスタンド側
に対する規則となるため、エンジンを切らなかったからと運転手が罰則を受ける
ことはありません。

 ただ、だからと言ってエンジンを切らなかった場合、どのようなことが起こり
うるのでしょうか?


エンジンを停止しないで給油したら?

給油中の車
【考えられるデメリット】
 消防法上においてエンジンを停止させる責任が発生するものの、罰則を受けない
からと言ってエンジンを停止させずに給油した場合、どのような事が起こりうるの
でしょうか?

 以下に、考えられる事故や事柄をまとめてみたので、確認してみましょう。

  • 思わぬ車両の発進で火災事故が起こる可能性がある
  • アフターファイヤーを起こすと火災事故が起こる可能性がある
  • 電気機器が使えるため爆発の火種を作る危険性が高くなる
  • 万が一、事故が起きた時の被害が大きい
  • ガソリンスタンド側が罰則を受ける可能性がある

 これら事故等が発生する可能性は低いと言えます、ただ可能性はゼロではないため
万が一、自分が原因で火災事故が発生したら…考えただけでも恐ろしいですよね。

 また、マナーの観点や周囲に不安感を与えることにもつながるので、給油中はエン
ジンを切るよう心がけましょう。


ガソリンスタンドでの事故動画

ガソリンスタンドの爆発事故
【エンジンを停止させないと…】
 最後に、給油中にエンジンを停止させていなかったがために起こったガソリン
スタンドでの事故動画を掲載しておきます。

 いずれも、給油中に車が誤発進した動画となっていますが、ノズルが破壊され
ガソリンが吹きこぼれる様子が納められています。こうなってしまったら、火災が
起こるのも時間の問題…。

 このような事故を起こさないためにも、エンジンの停止は必ずおこなうように
しましょう。

0:15あたりで車が急発進


0:25あたりで給油中に車が誤発進
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)