セミトレーラーのバックや車庫入れのコツって?

セミトレーラーのバック運転

 車を操作する上で、特に難しい部類とされているトレーラーの運転。

 その中でも、車庫入れの時に必要となるバック運転が難しく、苦手
意識を抱いている方も多くいるのではないでしょうか?
 そんな時に、運転時のコツをまとめた情報サイトがあると、非常に
便利ですよね。

 そこで今回は、セミトレーラーのバックや車庫入れのコツをまとめて
みました。
セミトレーラーのバックや車庫入れのコツ

バック運転するおもちゃのトレーラー
【トレーラーについて】
 トレーラーといっても、フルトレーラーやポールトレーラーなど、様々な種類
のトレーラが存在しますが、ここではセミトレーラーのバックや車庫入れのコツ
をまとめていきます。

 どのトレーラーにも共通して言えることですが、全長10mを優に超えるものばか
りで、中には全長20m近いものも存在します。それだけ長いと、思い通りに操作す
る事は簡単ではなく、ベテランドライバーでも難しいと感じる時があるそうです。

 そこで、少しでもコツや感覚がつかめるよう、以下に要点をまとめていくので
確認してみましょう。

【真っ直ぐバックする】
 まずは、真っ直ぐバックするコツや手順をまとめていきます。

 真っ直ぐ後退していたはずなのに徐々にトレーラーが左右どちらかにズレていく
なんて事がよくありますよね。これは、そんな時に真っ直ぐ後退するよう修正する
手順
になり、どんな場面においても基本的な操作となるため、しっかりと覚えてお
きましょう。

トレーラーが左にズレた場合
  1. ハンドルを左に切る
    後退中にトレーラーが左へ曲がってしまった場合、まずはトラクタとトレーラーを真っ直ぐの状態に戻してあげます。

  2. ハンドルを右に切る
    次は、トラクタを反対の右方向に振ってあげましょう。ここで、トレーラーが思っているライン上に乗るよう調節します。

  3. ハンドルを左に戻す
    トレーラーが思っているライン上に乗ったら、次にハンドルを真っ直ぐになる直前まで戻してあげます。この時、トラクタとトレーラーの折れ角を一定に保ってあげましょう。

  4. ハンドルを右に切る
    この時、ハンドルを切るタイミングが早いと左にズレ、遅いと右にズレることになるので、タイミングには注意が必要です。また、ハンドルを切りすぎても大きなズレを生むことになるので切り過ぎには注意しましょう。

  5. 微調整をおこなう
    この時点で、ある程度は思っているライン上に乗っているはずなので、トラクタとトレーラーが一直線になるように調整をおこないます。ここでは、細かなハンドル操作を必要とします。

  6. ハンドルを真っ直ぐにする
    トラクタとトレーラーが一直線になっても、トラクタのタイヤはまだ真っ直ぐにはなっていないので、最後にハンドルを真っ直ぐに直してライン修正は終わりです。

 これは、トレーラーが左にズレた場合の修正手順でしたが、右にズレた場合はこの
手順の逆をおこなうことで修正する事ができます。

 この手順を覚えておけば、真っ直ぐ後退するすることはもちろん、車庫入れの時に
も応用する事ができるので、しっかりと覚えておきましょう。ただ、理屈ではわかっ
ていても実際の場面になると慌ててしまったり、どっちにハンドルを切れば良いのか
わからなくなることもありますよね。

 そんな時は、一度停止し気持ちを落ち着かせましょう。また、修正が効く内に元の
位置まで戻り初めからやり直すのも良い
でしょう。このように、同じ操作を繰り返し
おこなうことも経験の一つになるので、たくさんの場数を踏むようにしたいですね。

 なお、以下にトレーラーの運転やトラックのバックのコツについて記載した記事を
掲載しておくので、興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか?

○トレーラーを運転する時のコツや注意点って?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-621.html

○トラックのバック運転のコツ
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-158.html


セミトレーラーの車庫入れ動画

運転する犬
【上から見たトレーラーの車庫入れ】
 最後に、セミトレーラーのバック駐車を上から撮影した動画を掲載しておくので
ベテランの技をご覧になってみてはいかがでしょうか?

 切り替えの修正をおこなわず一発で駐車を決めてしまう内容に、思わず「うまい」
と言ってしまいそうな動画になっています。

セミトレーラーの駐車動画
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.