よく読まれている記事

【車庫入れも上達】サイドミラーの角度などの調整方法って?

適性な角度や位置など

 巻き込み確認や後方確認の時など、車を運転する上で欠かすことの出来ない
サイドミラー。

 教習所でも教わったように、安全確認をする時や車庫入れを行なう時など
活躍の場は様々です。
 ただ、正しい角度で調節をしないと死角を増やしてしまう事になり、事故
のリスクを上げることにもなるんです。

 そこで今回は、サイドミラーの調整方法についてまとめてみました。


サイドミラーについて

サイドミラーの指差し確認
【車庫入れが上達することも】
 自動車教習所でも教わったと思いますが、巻き込み確認や車庫入れ時において、
サイドミラーの確認は必須になってきますよね。

 それだけ普段から使用する頻度が高いサイドミラーは、角度や位置を正しく調整
しておく必要があります。ただ、今まで一度も調節をしたことがない、教習所では
調節方法を習わなかったなど、正しい位置がわからないという方も、多く見られ
ます。

 また、車庫入れが苦手だという方の中にはサイドミラーの調整がうまくできて
いない場合もあり、正しい位置にすることで車庫入れが上達することも考えられ
るので、これを気にしっかりと調節しておきましょう。


サイドミラーの調整方法って?

サイドミラーの調整ボタン
【サイドミラーの合わせ方】
 では、サイドミラーを調節するにあたり、正しい位置とはどのような角度を指す
のでしょうか?

 以下に、助手席側のサイドミラーと、運転席側のサイドミラーをそれぞれ要点別
にまとめてみたので確認していきましょう。

※左サイドミラーの位置
 助手席側のサイドミラーを調整する際の上下比は、
地面がミラーの下半分もしくは2/3程度が映り込む

ように調節します。

 左右比は、車体が1/4程度が映り込むように合わせ
るのが良いとされています。目安としては、後部座席の
取っ手がわずかに映る程度と覚えておくと良いでしょう。

※右サイドミラーの位置
 運転席側のサイドミラーを調節する際の上下比は、ミラー
下部の1/3から1/4に地面が映り込むように
合わせるのが
良いとされています。

 左右比は、車体が1/4から1/5程度が映り込むように
調節すると良いでしょう。目安としては、運転席の取っ手が
サイドミラー下部にわずかに映る程度を目安にするとわかり
やすかもしれません。

 サイドミラーを正しい位置に調整する事で、車庫入れの際に車線と自分の車が
平行になっていることを確認しやすく、かつ、走行中においてはルームミラーと
合わせる事で死角を極力減らす事もできます。

 しかし、正しい位置にしたからとサイドミラーの情報を過信するのではなく、
しっかりと目視で確認することも忘れずに行なうようにしましょう。

 ちなみに、サイドミラーを調節する際に電動で出来るにも関わらず、手動で
無理やり動かす方もいるそうですが、故障の原因になるので止めましょう。


サイドミラーの関連動画

車庫入れ時のサイドミラー
【サイドミラーの見え方】
 最後に、サイドミラーを正しい位置にした際、車庫入れやバック運転時どのよう
に見えるのかを撮影した動画があったので掲載しておきます。

 これは、自動車教習所内で車庫入れをする際に撮影されたものなんですが、左右
のミラーそれぞれの映り方が収められているので、サイドミラーを調整する際の
参考までにご覧になってみてはいかがでしょうか?

車庫入れ時サイドミラーの見え方
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)