床上操作式クレーンに必要な資格や免許って?

床上操作式クレーンの資格を取得するには

 フレコンバッグなどの袋類や高所への荷物運搬など、工場や作業現場では
欠かすことの出来ないクレーン装置。

 そんなクレーンの種類に床上操作式クレーンというものがあり、屋内での
吊り荷作業をする際に大変重宝されています。
 しかし、これを操作するための資格や取得条件、費用はどれくらい掛かる
のか等、わからない方も多いと思います。

 そこで今回は、床上操作式クレーンの操作に必要な資格及び取得方法
ついてまとめてみました。
床上操作式クレーンについて

床上操作式クレーンの梁
【操作できるクレーンの種類など】
 床上操作式クレーンとは、押しボタンスイッチのケーブルがホイスト又はトロリ
からつり下げられ、床上で運転し、かつ運転をする者が荷の移動と共に動く方式の
クレーンのことを言います。

 このクレーンを運転操作するためには、「床上操作式クレーン運転技能講習」を
受講する必要があり、これに合格することで吊り上げ荷重能力が、5t以上の床上
操作式クレーンの運転をする事ができ
ます。

 また、運転操作することのできるクレーンの種類は以下のようになっています。

操作できる主なクレーン一覧
  • 天井クレーン
  • 橋形クレーン
  • ジブクレーン
  • テルハクレーン

 所持する免許の種類によって、最大吊り荷重や操作できるクレーンの種類が
変わってきますが、主に上記のものを運転操作することができます。


床上操作式クレーン運転技能講習の取得条件

床上操作式クレーンの運転技能講習
【試験項目や費用など】
 運転技能講習は、都道府県労働局長登録教習機関(労働基準協会やクレーンを
取り扱う教習所等)で受講することができます。

 講習科目や受講時間は、床上操作式クレーン運転技能講習規定に基づいて決めら
れていて、所有している資格及び業務経験により資格の取得までに掛かる時間が
異なってくる
ため、事前に確認しておくと良いでしょう。

 なお、技能講習科目及び所有資格別の受講時間は以下のようになっています。

技能講習科目
○学科
  1. 床上操作式クレーンに関する知識
  2. 床上操作式クレーン運転技能講習に係る原動機及び電気に関する知識
  3. 床上操作式クレーンの運転のために必要な力学に関する知識
  4. 関係法令

○実技
  1. 床上操作式クレーンの運転
  2. 床上操作式クレーンの運転のための合図

総合受講時間16時間の条件
移動式クレーン、デリック(旧デリック運転士免許含む)、揚貨装置のいずれかの運転士免許所持者。
または、小型移動式クレーン、玉掛けのいずれかの技能講習修了者。

学科:10時間 実技:6時間 費用23,000円程度

総合受講時間19時間の条件
小型移動式クレーン、デリック、揚貨装置のいずれかの特別教育を修了してから業務経験が6ヶ月以上ある者。

学科:13時間 実技:6時間 費用26,000円程度

総合受講時間20時間の条件
上記の2項目いずれにも該当しない者。

学科:13時間 実技:7時間 費用30,000円程度

 所有する資格や業務経験ごとの、免除項目及び費用はこのようになっています。


クレーン運転技能試験の動画

床上操作式クレーンのイラスト
【クレーン操作のコツや要点など】
 最後に、床上操作式クレーンではありませんが実際の実技試験とよく似たコース
やポイントがまとめられた動画を見つけたので掲載しておきます。

 これを見ておけば、床上操作式クレーン運転技能講習の実技試験の時にも活用
する事ができるので、参考までにご覧になってみてはいかがでしょうか?

クレーン運転実技コース
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.