よく読まれている記事

【ハンドルがブレる】シミー現象の原因や対策って?

シミー現象の原因とは

 運転中にハンドルがブレたり振動する、なんてこと身に覚えはありませんか?

 それはシミー現象と呼ばれるもので、ひどい場合だと事故を起こしたり、
故障の原因になる事もあるんです。
 ただ、シミー現象が起きてしまった時にどう対処したらいいのかわから
ない、という方も多いですよね。

 そこで今回は、シミー現象が起こる原因や対策についてまとめてみました。


シミー現象が起こる原因って?

タイヤのバランスウェイト
【シミー現象とは】
 そもそもシミー現象とは、どのような症状のことを言うのでしょうか?

 これは、主に高速道路の走行中になりやすい現象で、路面の段差等による衝撃を
きっかけとし、ハンドルが小刻みに振動し始めること
をいいます。
 また、ハンドルがブレ始める速度には2種類あり、その速度により以下のような
呼び方で分けられています。

  • 低速シミー現象 時速40~50km/h
  • 高速シミー現象 時速100~120km/h

 このように、高速での走行時なら衝撃の影響を受けることも考えられますが、
低速走行時でも影響を受けることがあり、ひどい場合では車体ごと左右に振られ
るくらい振動する事もあるんです。

【シミー現象の原因】
 では、一体なぜこのような現象が起きてしまうのでしょうか?

 原因として考えられる要因をいくつかピックアップして以下にまとめてみた
ので、確認してみましょう。

  • フロントタイヤの偏摩耗
  • タイヤのパンク
  • 適性な空気圧が保たれていない
  • ホイールバランスの狂い
  • 地面の振動と車体が共振した

 などが考えられ、中でも原因の多くとされているのが偏摩耗やホイールバランス
の狂いとされています。では、このようにシミー現象が起きてしまったとき、どう
したら良いのでしょうか?


シミー現象の対策って?

タイヤバランスをとる
【シミー現象の防止策とは】
 一般道や高速道路を走行中に、シミー現象が起きハンドルが振動してきた時、
どう対処するのが良いのでしょうか?

 まず大切なのは、事故を避けるために停車するということです。停車の際は、
ハンドルをしっかり握り後続車に注意しながら徐々に減速し、路肩などに止まり
ましょう。

 停車後は、車から降りてタイヤがパンクしていないか、空気圧は低くなって
いないか等の点検をおこない、目視で判断できるほどの異常が確認できた場合は
スペアタイヤに交換するかJAF等のロードサービス会社に救助を求め
ましょう。

 また、目視で異常が確認できなかった場合はホイールバランスや摩耗に原因が
考えられるため、シミー現象が起きづらいとされている時速60~80km/hでの
走行を意識して運転する事が大切です。

シミー現象を起こさないための対策
  • ホイールバランスを調整しておく
  • タイヤの空気圧を適正値に保つ
  • 偏摩耗があった場合は交換する
  • アライメントの調整をおこなう
  • 現象が起きづらい速度で走行する

 いずれにしろ、そのまま放っておくと事故を起こしたり車が故障する原因になって
しまうため、早急にタイヤ周りの点検を行なうことをおすすめします。


シミー現象の動画が見たい

高速道路を走行する車
【外から見るシミー現象】
 最後に、外から見ることがなかなか難しいシミー現象を捉えた動画を掲載して
おくので、身に覚えのある方はご覧になってみてはいかがでしょうか?

 たしかに、これだけタイヤがブレていたらハンドルも振動が伝わるわけです
よね…。放っておくと事故や故障の原因になり兼ねませんので、注意する様に
しましょう。

シミー現象の動画


 なお、以下に他の現象に対する記事を記載しておくので、興味のある方はご覧
になってみてはいかがでしょうか?

○トレーラートラックのスネーキング現象対策
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-162.html

○フェード現象とその対策
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

○【ブレーキが急に効かなくなる】ベーパーロック現象の原因と対策って?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-516.html

○【その時どうする】ハイドロプレーニング現象の原因と対策について
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-546.html
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)