よく読まれている記事

傭車のメリットやデメリットって?

傭車の概要

 近年、燃料の高騰化やトラック不足を受け、外注依頼が増えている運送業界。

 その外注先として傭車が存在するわけですが、急な依頼にも対応できるため
多くの運送業者に活用されています。
 ただ、良い所ばかりではなく、傭車を利用することで費用がかさむなどの
問題点も…。

 そこで今回は、傭車のメリットやデメリットについてまとめてみました。


傭車とは

荷待ちするトラック
【傭車について】
 そもそも傭車とはどんな意味があるのでしょうか?

 傭車とは、長距離依頼を受けた運送業者や繁忙期でトラックの台数が足りてい
ない運送業者が、他の会社のトラックドライバー及び車両を一時的に借り受ける
事によって荷物を配送する事
を言います。

 これは、傭兵(トラックドライバー)と車(トラック)の意味を組み合わせた言葉
として作られたとされています。また、漢字で表記した際に「傭車」と「庸車」
の二つに分けることができますが、意味合いに変わりはなく、どちらの表記でも
良いとされています。

 つまり、依頼者側からしてみると緊急時等に対応してもらえるため大変便利な
存在であると言えますね。


傭車のメリットって?

山に荷物を運ぶ人
【傭車の利点】
 では、傭車を利用することによってどのようなメリットが考えられる
のでしょうか?

 まずは、荷主側が傭車を利用した際のメリットについてまとめてみました。

荷主側の傭車を利用するメリット
  • 緊急時の対応ができる
  • 自社で対応していない依頼を受けることが出来る
  • 傭車会社を介して横請けの仕事が来ることもある

 このようになっており、傭車を利用することによって仕事の幅が広がっている
ことがわかりますね。では、次に傭車の依頼を受ける会社側のメリットを確認して
みましょう。

傭車依頼を受ける側のメリット
  • 安定した収入を得ることが出来る
  • ドライバーとしての経験を積む事が出来る
  • 実績を残せば仕事の依頼が増える

 などが考えられ、依頼を受けることにより収入が安定し、さらに経験を積むこと
により実績を残せば今後の仕事も増え、更なる収入が見込めるなど、様々なメリット
が考えられます。


傭車のデメリットって?

小銭とお札
【傭車の問題点】
 逆に、傭車を利用する事によるデメリットにはどのようなことが考えられる
のでしょうか?

 まずは、荷主側が傭車を利用した際のデメリットについてまとめてみました。

荷主側が傭車を利用した際のデメリット
  • 傭車料が掛かる
  • 自社の教育を受けていないなど配送者の管理が出来ない
  • ドライバーの対応が悪ければ自社の評価が落ちる

 などがあり、傭車費用を例に出すと7万円の運賃の仕事を自社で行うことにより
結果的に4万円で諸経費を抑え3万円の利益を上げることができるが、傭車を利用
する事によって5万5千円の傭車費が掛かり自社の利益が1万5千円まで利益が落ちる
といったことが考えられます。

 また、荷主側の経営理念を把握していないことが多く、傭車ドライバーの対応が
悪ければ自社の評価が落ちてしまうといった事も考えられます。

 では、次に傭車依頼を受ける側のデメリットはどのような事が考えられるか確認
してみましょう。

傭車依頼を受ける側のデメリット
  • 依頼が無ければ収入が安定しない
  • 配送中の事故は傭車側が責任を受けることが多い
  • 割にあわない仕事を依頼されることがある

 このようになっており、繁忙期などは依頼が多く収入も安定するが閑散期は収入
が安定しないなどのデメリットが考えられます。

 ただ、運送会社と傭車会社が協力し合い運送業界の更なる発展とより良い運行
システムが出来るといいですね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)