【危険予知で事故を防ぐ】防衛運転のポイントって?

事故を少しでも減らす「防衛運転」

 年間、約60万件以上も発生している自動車による交通事故。

 そんな事故を少しでも減らす為の運転方法として「防衛運転」と呼ばれる
運転方法が存在するんです。
 ただ、具体的にはどんな点に注意しながら運転したら良いかわからない、
と思っている方もいるのでは?

 そこで今回は、防衛運転のポイントについてまとめてみました。
防衛運転とは

サイドミラーで安全確認
【防衛運転について】
 そもそも、防衛運転とはどういった運転方法のことを言うのでしょうか?

 防衛運転とは、常に危険があると意識しながら運転する事によって、例え他の
運転者や歩行者が危険な行動を取ったとしても事故の発生を防止できる運転方法
のこと
を言います。

 自動車による交通事故には「もらい事故」と呼ばれる自分が責任で起こした
ものではない事故がありますが、防衛運転によりそのほとんどが防止可能とも
言われています。

 そのため、事故を起こさないためには交通マナーを守り運転するだけではなく
どんな状況であっても事故に遭わないよう意識し、以下の様な防衛運転をする
必要があります。

  • 自分が原因の事故を発生させない運転
  • 自分自身が事故に巻き込まれない運転
  • 他人が事故を起こすような運転をしない

 などが挙げられ、これらを意識しなが運転することが事故を防止する防衛運転
の第一歩と言えます。


防衛運転の20ヶ条って?

トリックアートが描かれた横断歩道
【防衛運転のポイント】
 前項目で、防衛運転とはどんな運転をすることなのか?について確認しました
が、そこからもっと具体的にはどんな事を意識するべきなのかを以下に防衛運転
の20ヶ条としてまとめてみました。

防衛運転20ヶ条
  1. 子どもを見たら、不意に飛び出すと思え
  2. 両側に別れた親子を見たら、子供が親に駆け寄ると思え
  3. 停止中にバスを見たら、影から人が飛び出すと思え
  4. 戸の開いている人家は、人が飛び出すと思え
  5. 老人・子供を見たら、急な行動をすると思え
  6. 自転車乗りを見たら、よろけると思え
  7. 人が乗った停止車のドアーは、急に開くと思え
  8. 前方に路地を見たら、子供が飛び出すと思え
  9. 前方のタクシーは、客をみて急ハンドル・急ブレーキをすると思え
  10. 交差点を通行するときは、信号無視の人・車があると思え
  11. 左折時には、左側に単車・自転車・人がいると思え
  12. 停車しようとする時は、追突されると思え
  13. 後退(バック)しようとする時は、見えぬ所に人がいる、物があると思え
  14. 明け方の対向車は、居眠りをしていると思え
  15. 深夜の乗用車は、深酔い運転と思え
  16. 対向車の後続車は、追越しをすると思え
  17. 路肩は、崩れるものと思え
  18. 道路上の砂利・水は、スリップすると思え
  19. 冬期の橋上・日陰・カーブの先は、凍っていると思え
  20. 雨の降り始めは、誰でもが慌てる・ブレーキは効かぬと思え

 これは、運送会社をはじめとする輸送業界で、防衛運転をする上での心得として
掲示されているもので、プロのドライバーは常にこれら項目を意識しながら運転
しているという事がわかります。

 私達が普段、これら防衛運転を意識しながら実行する事で、防げる事故も増える
ためプロドライバーと同じよう常に意識しながら運転するようにしたいですね。


事故事例から見る防衛運転

危険運転のイラスト
【もしも防衛運転をしていたら】
 ここでは、実際に起きた事故事例をもとに、もし防衛運転をしていたらどのよう
にして事故を防げたのかを確認してみましょう。

 防衛運転は、ただ事故に遭わないための運転ではなく、他人の誤った運転や行為
までも予測し、事故につながらないようにする事がポイントになります。

事故事例
片側2車線の左側車線を走行中、右側車線の前方で右折のため車が停止したところ、右側車線の後続車が強引に自車の車線に割り込んできて衝突した。


防衛運転ができていたら
この事例での防衛運転としては、右側車線前方の右折待ちの車を早めに確認し、同車線の後続車の急な進路変更を予測し、速度を落とすか左側に寄るようにします。

特に片側2車線の道路では、自車の前方だけでなく隣りの車線の前方の状況にも注意し、駐車車両、右折待ち車両などがある場合は、「隣り車線の車が前方の車を避けようとして急に車線変更してくるかもしれない」と危険予測し、適切なポジション・距離をとることが大切です。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.