偏荷重の意味や事故の危険性って?

偏荷重の意味

 トラックを利用する上で、横転や荷崩れなどのトラブル話しを耳にする
事はよくありますよね。

 それらトラブルが起こる原因の一つに、荷物を積載する際の偏荷重が
挙げられています。
 ただ、この偏荷重の意味や危険性がいまいちよくわからない、と思って
いる方も多いのではないでしょうか?

 そこで今回は、偏荷重の意味や、その危険性についてまとめてみました。
偏荷重の意味について

荷崩れしそうな荷物
【偏荷重とは】
 そもそも、偏荷重(読み方:へんかじゅう)とはどんな意味があるんでしょうか?

 偏荷重は、積載量や荷重が法定内の基準を満たしていても、荷物が左右どちらか
もしくは、前後どちらかに偏って積んだため横転や荷崩れを起こしてしまうような
積み方の事
を言います。

 この偏荷重による事故が多く、近年問題視され始めたこともあり、国土交通省が
定める貨物自動車運送事業の運行管理に関する基本的な考え方でも「貨物の積載時
には、偏荷重が生じないようにするとともに、ロープ又はシートを掛けて、荷崩れ
を防止すること」と記載されています。

※偏荷重の事例(クリックで拡大)
 この図のようなバランスの悪い積み方を見てわかるように、事故などを起こし
やすくなっているため荷物を積む際は偏荷重にならないよう注意しましょう。


偏荷重の危険性とは

片輪走行するトラック
【どんな事が考えられるのか】
 このように、偏荷重は危険性を含む荷物の積み方であることはわかりましたが、
具体的にはどのような危険性が生まれることになるのでしょうか?

 以下に、様々な偏荷重のパターン別にどのような事が考えられるかまとめてみた
ので確認してみましょう。

  • 左右に偏った場合
    左右どちらかに偏荷重があった場合、カーブや右左折時、坂道等の運転時に車体がバランスを崩し横転する可能性があります。

  • 前方に偏った場合
    前方に偏荷重があった場合、下り坂や急ブレーキを掛けた時など、停止距離及び制動距離が伸び自分の意図した位置に停止できない可能性があります。

  • 後部に偏った場合
    後部に偏荷重があった場合は、車体後方が揺られるためハンドル操作が不安定になったり、発進時や登坂時などにおいて頭(キャブ)が持ち上がる可能性があります。

  • 偏荷重全般に見られる危険
    前後左右に関わらず、偏荷重であった場合にカーブなどの曲がり角やブレーキを踏んだ時の衝撃や遠心力により荷崩れを起こす可能性が非常に高くなっています。

 このような事が考えられ、どれも大変危険だということがわかります。

 また、車の重心がずれる事により車体になんらかの故障を生じさせたり、タイヤ
の偏摩耗やバースト、ホイール割れを引き起こす可能性もあるため、事故を起こさ
ないためにも積み込み時には偏荷重にならないよう意識しましょう。


偏荷重による事故動画

横転したトラック
【動画で見る横転事故】
 最後に、偏荷重が原因とみられる事故動画をピックアップしてみたので、確認
してみましょう。

 これはカーブを曲がっているトラックが横転事故を起こす動画となっていますが
荷物がよく見える位置に来た時にはすでに荷物が偏っていて、横転するのも時間の
問題だった事がわかります。

 こうならない為にも、荷物はバランス良く積むようにしましょう。

0:25秒あたりで転倒


 なお、以下に荷崩れに関する記事を記載しておくので、興味のある方はご覧に
なってみてはいかがでしょうか?

○トラックの荷崩れの原因と対策を教えて!
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-444.html

○【米袋、ダンボールetc】パレットの荷崩れしない積み方が知りたい
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-541.html
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.