オールシーズンタイヤの雪道性能とは?

オールシーズンタイヤの能力

 冬や夏におこなうタイヤ交換、これはとても面倒な作業ですよね。

 そんな作業を必要とせず、年間を通して使用できるオールシーズン
タイヤというものが存在するんです。
 ただ、一年中履けると言われても、雪道を走るのはなんだか不安…
と思っている方も多いと思います。

 そこで今回は、オールシーズンタイヤの雪道性能についてまとめて
みました。
オールシーズンタイヤとは

オールシーズンタイヤ
【オールシーズンタイヤについて】
 そもそも、オールシーズンタイヤとはどういったものなのでしょうか?

 これは、ノーマルタイヤ(夏タイヤ)とスタッドレスタイヤ(冬タイヤ)の中間の
存在として作られたタイヤの事で、オールテレーンタイヤとも呼ばれています。

 その名の通り、年間を通してタイヤ交換をせず一年中履き続けることが出来る
タイヤ
で、各タイヤメーカーからは以下の様な名称で販売されています。

タイヤメーカー

グッドイヤー
ダンロップ
ミシュラン
ブリヂストン
東洋ゴム
商品名

Vector 4Seasons
GRANDTREK AT2
オールシーズンタイヤ
NEXTRY TYPE L
CFt

 ただ、雪道はスタッドレスタイヤもしくはチェーン装着タイヤで走行する、
という概念があるだけに、雪道の走行は心配にもなりますよね。

 というわけで、次の項目ではオールシーズンタイヤの雪道性能についてまと
めてみたので確認してみましょう。


オールシーズンタイヤの雪道性能って?

オールシーズンタイヤを履いた車
【ストッドレスタイヤとの比較】
 いずれのメーカーも四季を通じて走行できると謳っているわけですが、一般的
に雪道はスタッドレスタイヤというイメージが強いため、いくらオールシーズンと
言われても不安が残りますよね。

 そこで、以下にスタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ノーマルタイヤの
3種類を道路環境別に走行性能を比較してみたので確認してみましょう。

環境別のタイヤ比較
道路状況

通常路面

積雪路面


路面状態

ドライ
ウェット
シャーベット
圧雪
アイスバーン
スタッドレス






Vector 4Seasons






ノーマル



×
×
×

 これは、グットイヤー社の「Vector 4Seasons」を対象として雪道走行の性能
を比較したものですが、スタッドレスタイヤやノーマルタイヤに比べて、すべての
環境に対し平均して対応している
という事がわかります。

※クリックで画像拡大

 また、この画像をみてわかるようにカーブの時にスタッドレスタイヤよりも
多少外側に膨らんでしまうものの、ある程度の走行性能は維持できるという事
がわかります。

 ただ、スタッドレスタイヤのように雪道に特化した造りにはなっていないため
オールシーズンタイヤだからと言って過信せずに運転した方が良いと言えます。


チェーン規制にも対応してるの?

布チェーンを履いた車
【高速道路のタイヤ規制】
 ここまで、オールシーズンタイヤの性能についてまとめてきましたが、高速
道路での冬用タイヤ規制に適応しているかという点も気になりますよね。

 そこで、調べてみたところオールシーズンタイヤのなかでも「M+S、M/S、
M・S」等の表示がタイヤのサイドウォールに記載されていれば
、冬用タイヤ
規制にも適応しているという事がわかりました。

 ただし、すべての車に対してチェーン規制が引かれている場合は、スタッド
レスタイヤ、オールシーズンタイヤ関係なくチェーンの装着が義務付けられる
ため、注意しましょう。

 なお、以下に雪道の走行に関連する記事を記載しておくので、興味のある方
はご覧になってみてはいかがでしょうか?

○【初心者必見】雪道で安全に運転するコツ・注意点って?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-101.html
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.