【任意保険】搭乗者損害保険の特徴や補償額について

任意保険の搭乗者損害保険とは

 自動車を運転する人がもしもの時のために加入する任意保険。

 任意保険の内容の中は契約内容によって異なりますが、ドライバー自身を
守ってくれる保険の「搭乗者損害保険」という物があります。

 搭乗者傷害保険は、SAPやPAPといった総合タイプの保険の場合はセットに
なっているので、加入していることを知らない人も結構多いようです。

 そこで今回は、そんな搭乗者損害保険の特徴についてまとめてみました。
搭乗者損害保険の特徴とは?

保険金の支払い
【搭乗者傷害保険って?】
 搭乗者損害保険は、ドライバーを含めた搭乗者全員が補償される保険で、
100%の過失割合の事故や単独事故でも補償されます。

 特徴としては以下が挙げられます。

  • 搭乗者全員が補償対象
  • 死亡やケガが補償されます
  • 契約している車に乗っている時に補償されます
  • 過失割合に関わらず補償されます
  • 単独事故でも補償されます
  • 治療中など損害金額が確定する前に保険金が受け取れます
  • 人身傷害補償保険よりも補償額や補償範囲が小さい
  • 保険を使っても等級がダウンしません

 また、この補償は契約している車の座席に正しく乗っている時の補償に
なりますので、他の人の車に乗車している時や、歩行中の交通事故では
補償対象にはなりません。


搭乗者損害保険の補償額はいくら?

補償額
【人身傷害補償保険と搭乗者損害保険】
 さて、事故により死亡・ケガをした場合に補償される補償額は死亡した
場合には1,000万円で契約するのが一般的です。

 また、ケガをした時の補償額は部位や症状別に決まった額の支払になります。

 この際の保険金額は保険会社や契約内容によって異なります。

 人身傷害補償保険と比較した場合、人身傷害補償保険の方が補償が
大きいですが、大きな額を必ず受け取れるというわけではありません。

 そのため、万全を期すなら両方の保険に加入するというのがよいでしょう。
とはいえ、保険料が高くなりますので、お財布と相談といったところでしょうか。

 また、死亡時のなどの補償を手厚くしたいという場合であれば人身傷害補償保険
加入するのがよいでしょう。


保険金が支払われないことも…

保険金
【注意点】
 もしものため搭乗者損害保険に加入し、保険料を支払っていても保険金が
支払われないケースもあります。

  • 飲酒運転
  • 無免許運転
  • 薬物使用運転
  • 定員オーバー
  • 正しい位置に座っていなかった

 もしもの時のためにも、これらの事はおこなわないようにして、正しく運転
する事を心がけてください。

 また、車両から降りた後の事故も保険の対象にはならないので、注意して
おきましょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.