【任意保険】人身傷害保険の特徴や補償額について

任意保険の人身傷害保険とは?

 乗っている人が事故によって死亡やケガをした場合、さらには、
歩行中に起きた事故を補償してくれる保険「人身傷害保険」。

 この人身傷害保険は、過失割合に関わらず、治療費や休業補償が
受けられるという手厚い保険になります。

 今回はこの人身傷害補償保険の特徴や補償額について
説明していきたいと思います。
人身傷害補償保険の特徴は?

保険金
【人身傷害補償保険って?】
 基本的に、交通事故で死亡・ケガをした際、本人に過失がある
場合は、過失割合によって保険金が減額されます。

 また、信号無視やセンターラインを超えての事故だと、過失が
100%になり、自賠責保険からも任意保険からも保険金が受け取れません。

 しかし、この人身傷害補償保険に加入していると、これらの場合でも
補償が受けることができるんです。

 では、そんな手厚い人身傷害補償保険の特徴を見て行きましょう。

  • 死亡やケガを補償
  • 過失割合は関係なく保険金を受け取れる
  • 他人の車や歩行中の事故も補償される
  • 単独事故や当て逃げなども補償される
  • 治療費や休業補償、慰謝料も全額補償される
  • 損害額が確定したら示談成立前に受け取ることができる


人身傷害補償保険の補償額は?

事故
【受けられる補償額】
 さて、そもそも保険金額は、無制限や1億円が一般的で、8,000万円や
5,000万円、3,000万円など選べるようになっています。

 そのため、補償金額は契約内容によるということになります。

 また、人身傷害補償保険は搭乗者傷害保険と比較されますが、
死亡時の補償には大きな違いがあります。

 人身傷害補償保険の場合は、先ほど述べたように、補償金額は
契約内容によりますが、搭乗者傷害保険では死亡時に十分な補償が
受けられないのです。


人身傷害補償保険の適用例

補償額
【人身傷害補償保険の適用】
 さて、ではどのように人身傷害補償保険が適用されるのか例を
みていきましょう。

青信号で交差点に進入し、右折使用とした所、直進してきた対向車と衝突し、相手がケガをした

この場合、過失割合は以下のようになったとします。

  • 自分(加害者)の過失が80%
  • 相手(被害者)の過失が20%

 この時の相手(被害者)の損害が2,000万円だったとします。

 この場合、相手(被害者)は自分(加害者)から対人保険・対物保険から
過失分20%を引いた1,600万円を受け取る事ができます。

 しかし、相手(被害者)が人身傷害補償保険に加入していた場合、過失
は関係ないので、残りの400万円も含めた全額2,000万円を受け取ることが
できます。

 ただ、この損害額は、保険会社の普通保険約款に記載されたルールによって
異なってきます。また、補償されない場合もあり、下記のような場合は一度
保険会社の方に確認をとったほうが良いでしょう。

  • 被保険者の故意または重大な過失によってその本人について生じた傷害
  • 被保険者が酒気を帯びた状態、無免許の状態での運転で生じた傷害
  • 被保険者の闘争、自殺、犯罪行為によってその本人について生じた傷害
  • 微傷に起因する創傷感染症(敗血症、破傷風等)による傷害
  • 戦争、外国の武力行使、革命、反乱等によって生じた傷害
  • 地震、噴火、津波(地震、噴火による)による傷害
  • レース・ラリー等の競技・曲技、試験に使用し生じた傷害
  • 危険物を業務として積載または牽引していることによって生じた傷害

 これら以外の場合には、自分の過失が100%の事故で、相手から1円ももらえないという
場合であっても、人身傷害補償保険なら全額補償されるという手厚い保険

ということですね。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.