【任意保険】対物賠償保険の特徴や補償額について

任意保険の対物賠償保険とは?

 任意保険には、対物賠償と対人賠償があり、任意保険に加入することで、
どちらの保証も受けるられる事がほとんどです。

 ただ、これから対人だけではなく対物賠償にも加入しようと思っている
方にとっては、この対物賠償保険はどれくらいの額を補償してくれるのか
など、気になる点も多いですよね。

 そこで今回は、対物賠償保険の特徴と補償額や補償範囲について
まとめてみました。
対物賠償保険の特徴とは?

保険金
【対物賠償保険って?】
 そもそも、対物賠償保険はどんな内容の保険を指すのでしょうか?

 対物賠償保険とは、自動車事故により他人の財産に損害を与えてしまった
場合に支払われる保険
になります。

 任意保険に未加入でも、自賠責保険に加入いれば車に乗ることができますが、
自賠責保険だけでは対人に対する補償しかないので、もしものためにも加入して
おきたい、という方のための保険がこの対物賠償保険になります。

 では、この対物賠償保険は一体いくらまで支払われるのでしょうか?


対物賠償保険の補償額は?

保険金
【補償額はいくら?】
 気になる補償金額ですが、この対物賠償保険の補償額は加入するプランに
よって異なります。

 保険のプランは、無制限や5,000万円、1,000万円といった内容が多くなって
いて、無制限にすると保険料が高くなるため、補償限度額が1,000万円に
設定している人も多い
ようです。

 実際の物損事故でも、人を巻き込んでいない場合は補償額がそれほど大きく
なる事は少ないと言えます。

 ですが、過去の事例では、1億円を超える損害賠償金の例もあるため、万が
一に備えて、5,000万円や無制限のプランに加入しておいても良いかもしれま
せんね。


対物賠償保険の補償範囲は?

補償額
【対物賠償保険の対象は?】
 ここまで、保険の内容や補償額について確認してきましたが、どのような
事故の場合、補償の対象になるのか確認していきましょう。

対物賠償の適応範囲
  • 建物の修理費用
  • ガードレール・電柱・信号機などの修理費用
  • 他車の修理費用
  • レッカー代
  • 商業用車両の逸失利益
  • 商業施設の逸失利益
  • 従業員の給与

 上記にある商業用車両には、タクシー、観光バス、トラック、トレーラー、
電車などが挙げられ、商業施設には、スーパー、コンビニ、レストランなどの
店舗などが挙げられます。

 車同士の事故であれば、相手の車の修理費用が対物保険から支払われ、建物
やガードレールを壊した場合は、その修理費用が支払われることになります。

 相手が車の場合は、過失割合によって保険金額が変わりますが、建物等に
突っ込んだ場合、100%の責任が発生するので、損害賠償額が高額になる
可能性もあります。

 また、このような物損事故の場合、修理費用だけではなく、利益も補償する
必要が出てくるので、注意しましょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.