【任意保険】対人賠償保険の特徴や補償額について

任意保険の対人賠償保険とは?

 自動車を運転する上で、ほとんどの方が加入している任意保険の対人賠償。

 基本的に、強制保険の自賠責保険に加入する事で、万が一、交通事故を
起こしても一定の補償を受けることが出来ます。
 ですが、自賠責保険だけでは充分な補償にならないため、任意保険に加入
するわけですが、どのくらいまで補償されるかなど気になりますよね。

 そこで今回は、対人賠償保険の詳細についてまとめてみました。  
対人賠償保険の特徴は?

保険金
【対人賠償保険って?】
 そもそも、対人賠償保険はどんな内容の保険を指すのでしょうか?

 対人賠償保険とは、自動車事故により他人を死傷させ、法律上の損害賠償
責任を負った場合に、自賠責保険で支払われるべき金額を超えた部分を保証
する保険
の事を言います。

 基本的に、強制保険である自賠責保険に加入していれば、車を運転する事
ができますし、死亡事故時には3,000万円、後遺障害には4,000万円、傷害
事故時には120万円の補償を受けることができます。

 ですが、死亡事故等を起こした場合、自賠責保険の補償額3,000万円を
超える事は珍しくありません。

 そのため、もしものために加入しておく保険がこの対人賠償保険なんで
すが、一体いくらまで補償してもらえるのでしょうか?


対人賠償保険の補償額は?

金
【補償額はいくら?】
 気になる補償金額ですが、多くの場合、この対人賠償保険の補償額は
無制限になっています。

 というのも、死亡事故や後遺障害が発生した事故の場合、損害賠償額が
億単位になることも珍しくはないので、無制限でなければ加入するメリット
が薄くなってしまうからです。

 また、保険金額は、事故の過失割合によっても変わってきます。

 たとえ、相手が歩行者であっても、信号無視や飛び出しなど、歩行者に
大きな過失がある場合は過失割合が変わり、それに応じて保険金額が下げ
られるということですね。


対人賠償保険の補償範囲は?

補償額
【対人賠償保険の対象は?】
 ここまで、対人賠償保険について確認してきましたが、この保険はその
名前の通り、被害者である「他人」に補償される事になります。

 そのため、運転者本人に保証されない事はもちろんですが、実は他人
でも対象外となる場合があるんです。

 そこで、以下に保証対象外となる方を一覧でまとめてみたので確認して
いきましょう。

  • 記名被保険者(運転手本人)
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者又は配偶者の同居親族
  • 記名被保険者又は配偶者の別居の未婚の子
  • 許諾被保険者
    (記名被保険者の承諾を得て車を管理・使用している人)
  • 記名被保険者の使用人

 以上のようになっていて、対人賠償保険では、家族や使用人などは補償
対象外になります。

 つまり、自身の家族や身内に対して事故を起こしてしまった場合、対人
賠償保険対象外になるので、くれぐれも注意するようにしましょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.