よく読まれている記事

重機免許(クレーン編)

重機免許(クレーン編)
クレーン車

大型トラック、けん引き車などを乗るために必要な免許をかいてきましたが
次は「重機免許」についてかいていきたいと思います。
重機(建設機械)といっても、種類は多く、その分免許もそれ専用の免許となりますので数も多いです。
今回はその中から、「クレーン」の免許についてまとめてみました。



免許

【クレーン・デリック運転士免許】
天井クレーン

つり上げ荷重が5t以上を含め全てのクレーンとデリックを運転・操作することができます。

『運転・操作できるクレーン』
・天井クレーン
・スタッカー式天上クレーン
・アンローダー
・橋形クレーン
・ジブクレーン
・ケーブルクレーン
・テルハ


…等


※旧来のクレーン運転士とデリック運転士の免許を統合して2006年4月1日から新設されたもの。
 旧来の免許を所持している者(両免許のうちデリック運転士免許のみを有する者を除く)はこの免許を受け
 ているものとみなされる。

【クレーン床面運転式限定免許】
クレーン床面運転式

つり上げ荷重5t以上の床上運転式クレーンを運転・操作することができます。
(5t未満のクレーンも運転・操作できる。)

床上で運転し、横行時には荷の移動に関係なく一定の位置で操作でき、運転者がクレーンの走行とともに移動する方式のクレーン(①メッセッジャー方式 ②定位置方式)に限定した
運転業務に必要な免許です。

『運転・操作できるクレーン』
上記(クレーン・デリック運転士免許)クレーンのうちつり上げ荷重が5t以上の床面運手式クレーン


【移動式クレーン運転士免許】
クレーン車

吊上荷重5t以上を含め全ての移動式クレーンを運転・操作することができます。

※この免許は、事業場(作業現場等)での運転・操作のためのものであって
 道路交通法上の運転免許ではないため、公道を走行するには当該移動式ク
 レーンの道交法上の区分に応じた各種の自動車運転免許が別途必要となり ます。

『運転・操作できるクレーン』
・トラッククレーン
・クローラクレーン
・ホイールクレーン(ラフテレーンクレーン)
・浮きクレーン
・鉄道クレーン

…等




運転資格
クレーン運転士試験

クレーンや移動式クレーンは免許を要する国家資格であり、安全衛生技術センターの行う学科・実技試験に合格する必要があります
労働局長指定の教習所(クレーン学校)で実技教習を修了し、実技試験免除で安全衛生技術センターの行う学科試験に合格するか、センターの行う学科試験に合格し1年以内にセンターの実技試験に合格するか、指定 教習所で実技教習を行う方法などがあります。
(免許は現所地の労働局へ申請)

【床上操作式クレーン運転技能講習】
 つり上げ荷重5t以上の床上操作式クレーン(運転者が荷と共に前後左右に移動する方式のものに限る)を運
 転・操作することができる。
 5t未満のクレーンも運転・操作できる。

【クレーンの運転の業務に係る特別教育】
 つり上げ荷重0.5t以上5t未満のクレーン及びつり上げ荷重5t以上を含むすべての跨線テルハを運転・操作す
 ることができる。

【デリックの運転の業務に係る特別教育】
 つり上げ荷重0.5t以上5t未満のデリックを運転・操作することができる。

【小型移動式クレーン運転技能講習】
 吊上荷重1t以上5t未満の移動式クレーンを運転・操作することができる。

【移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育】
 吊上荷重0.5t以上1t未満の移動式クレーンを運転・操作することができる。

受験資格

免許交付は、18歳以上の男女で体が健全な方は、学歴・経験関わらず誰でも受験可能です。

関連記事

Comment

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
  • 2012/01/19 11:35
  • 履歴書の免許
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)