タンクローリーの構造

タンクローリーの構造
タンクローリー

液体物を運ぶ「タンクローリー」。
時には危険物も運ぶこともありますが、そのような危険物を運ぶのにはとても慎重に運ばねばなりませんよね。
そうなると、あのタンクローリーの中も何かしら工夫がされているはず…。
ということで、気になったのでタンクローリーの構造について調べてみました。

タンクローリーとは

タンクローリーとは、固体・液体・気体を運搬するための特種用途自動車のことで、貨物自動車(トラック)の一種。
主に石油・ガスなどの運搬に使われています。
※日本の法令(消防法)では、危険物を輸送するタンクローリーを「移動タンク貯蔵所」といいます。


タンクローリーの構造

タンクローリーとはトラックの荷台部分に油槽(タンク)をのせたもののことです。
タンクの中は水槽を縦に並べてつけたように、何室かにわかれていて、その室ごとに、ガソリン、軽油、など独立して積むことができます。
(最大一室4kℓ。)

積む順番や、場所は特に決まっていなく、そこは自由で運転手の判断だそうです。

タンクローリー構造図 ≪緊急停止レバー≫
 荷卸しの最中に緊急事態が発生したとき、レバーを引けば全室のタンク
 底弁を一度に閉鎖することができます。
 また、車両火災の時はヒューズが切れ、自動的に底弁が閉まります。

≪混載看板≫
 ガソリン、灯油、軽油、重油などを積みわけるときに各室に積んである
 油を明確に表示する看板です。





【材質】
 タンクの材質は、高圧に耐え、積み荷の漏洩や化学変化を防ぐ目的とされてるため「溶接組み立ての普通鋼
 「高張力鋼のの鋼製」が主流となっています。
 ほか、油脂類は「アルミニウム」食品関係は「ステンレス鋼」が主流です。
 強酸、強アルカリなど、腐食性の強い積荷では、FRPや化学変化に強い「チタン製」のタンクも見られます。


【特殊構造】
 危険物ローリーは裸タンクがほとんどですが、 保冷・保温材付きのもの 冷却、加熱装置付きタンクなど特殊
 なものもある。
 主に、非危険物ローリーが特殊構造となっている。
 ※高圧ガスローリーは裸タンクまたは保冷・保温材付タンクである。


【設備、構造の規則】
●タンクの厚さは、鋼板で3.2mm以上のものを使うことが消防法では義務付けられています。

●圧力タンクは最大常用圧力の1.5倍の圧力で、それ以外のタンクにあっては70kPaの圧力で それぞれ10分間
 行う水圧試験において漏れ、変形しないものでなければならない。

●タンクの容量は危険物ローリーが最大30,000ℓ以下4,000ℓ以下ごとに区切る間仕切板を設け、
 容量が2,000ℓ以上のタンク室には防波板を設ける必要があります。
 (非危険物ローリーは規定はありません。)

●高圧ガスローリーは可燃性ガスが最大18,000リットル未満、アンモニアを除く毒性ガスが最大8,000ℓ未満
 なっている。

●移動貯蔵タンク下部に排出口を設ける場合は、排出口に底弁を設けるとともに、原則として非常時に備えその
 底部に手動閉鎖装置及び自動閉鎖装置を設けなければなりません。


おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.