【やる意味あるの?】車の脱脂方法とその注意点

車の脱脂ってなに?

 車のボディが傷つくのを防ぎ、光沢やツヤを与えるコーティング。

 このコーティングの際によく「脱脂する」という言葉を耳にする
ことがあるかと思います。
 ただ、この脱脂の意味や、作業方法など知らない方も多く存在する
のではないでしょうか?

 そこで今回は、車の脱脂をおこなう理由と作業方法についてまとめて
みました。
車の脱脂が必要な理由とは?

シリコンオフ
【脱脂する意味】
 そもそも、脱脂というのはどのような作業のことを言うのでしょうか?

 これは、車にコーティングを施工する前におこなう処理のことで、その
名前の通り、車に付着している油分を取り除く作業のことを言います。

 というのも、車の塗装面に油分が残っていると、コーティング剤の密着
性が悪くなり、斑になってしまったり、耐久性が悪くなってしまったり
という悪影響を及ぼします。

 そこで「脱脂」して、洗剤だけでは落とすのが難しい、油分(残って
いるワックスやコーティング剤被膜)を除去している
という理由です。


車の脱脂方法

車 脱脂
【脱脂に必要な道具】
 では、脱脂作業をする上でどのような道具を準備するとよいのでしょうか?

 以下に、脱脂作業に必要な道具をまとめてみたので確認してみましょう。

  • マイクロファイバークロス
  • シリコンオフ(脱脂溶剤)

 脱脂作業に必要な道具は、上記の二点のみとなります。次に作業の工程や
手順について見て行きましょう。

【工程・手順】
 脱脂の工程や手順は以下の通りとなっています。

  1. クロスに脱脂剤を塗布する
    まずはクロスを折りたたみ、脱脂剤を含ませます。
    この時の脱脂剤の適量は、拭いた面がまんべんなく湿る程度を目安に含ませましょう。

  2. 拭きあげる
    車体に塗った脱脂剤を拭きあげる際は、移動しないで一拭きできる範囲(およそ1m四方)を1ブロックとして拭きましょう。
    この時、拭いて濡れた部分が乾ききらないうちに乾いたクロスで拭き取るのがコツです。

 この作業を車全体に対して繰り返しおこなうことで、脱脂作業は完了となり
ます。

【注意点】
 車の脱脂作業をおこなう際の注意点ですが、通常の工程で脱脂をおこなえば、
塗装へのダメージを心配する必要はありませんが、高温時に樹脂部分への脱脂は
NG
とされています。

 というのも、樹脂部分の塗装は金属部分の塗装と比べると、耐溶剤性が低い
傾向にあり、さらに高温時だと塗装表面が膨張、または樹脂素材そのものが
膨張しているので、塗装だけに限らずダメージを受やすくなっています。

 作業の際には充分に注意するようにしてください。


脱脂作業が終わったら…

終了
【まとめ】
 ここまで脱脂の意味や方法について確認してきましたが、最後に脱脂作業が
終わったら、むら部分がないか確認してみましょう。

 もし綺麗に出来ていないようであれば、乾いたクロスで拭き取るようにしま
しょう。それでも取れない場合は、もう一度部分的に脱脂剤で拭き、乾いた
クロスで仕上げるようにしてください。

 脱脂した部分は塗装が傷みやすくなっているので、以上の作業が完了したら、
できるだけ素早くコーティングの施工を行うようにしましょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.