よく読まれている記事

ランフラットタイヤのメリットやデメリットとは?

ランフラットタイヤの概要

 日頃、運転をする方であれば一度はパンクを経験したことがあるのでは
ないでしょうか?

 パンクは、日常的によくあるトラブルですが、実は事故に繋がる危険な
現象でもあるんです。そんなトラブルの対策として、ランフラットタイヤ
と呼ばれるタイヤがあるんですが、どんなものなのか気になりますよね。

 そこで今回は、ランフラットタイヤのメリットやデメリット
ついてまとめてみました。


ランフラットタイヤとは

ダンロップのランフラットタイヤ
【ランフラットタイヤについて】
 そもそも、ランフラットタイヤとはどのようなタイヤの事をいうのでしょう
か?

 通常のタイヤであれば、パンクして空気が抜けると、すぐに走行不可の状態
に陥ってしまいますよね。しかし、このランフラットタイヤはパンク後も走行
できるという特徴
を持っているんです。

 更に、タイヤ損傷後も80kmもの距離を走行できるため、修理工場まで自走
することも出来るんです。

 そんな便利なタイヤなんですが、販売するメーカーによってランフラット
を示す記号が異なるため、以下に一覧でまとめてみました。

タイヤメーカー

ブリヂストン
ピレリ
コンチネンタル
グッドイヤー
ダンロップ
ミシュラン
横浜ゴム
東洋ゴム
クムホ
表記

RFT(RunFlat Tyres)
r-f(RunFlat)
SSR(Self Supporting Runflat tyres)
EMT(Extended Mobility Technology)
DSST(Dunlop Self-Supporting Technology)
ZP(Zero Pressure)
ZPS(Zero Pressure System)
TRF(Toyo Run Flat)
ERP(Extended Runflat Performance)

 各メーカーごとの表記は、このようになっています。

 ただ、一見良いことばかりに見えるランフラットタイヤですが、メリット
はもちろんデメリットも存在するんです。

 そこで、どんなメリットやデメリットがあるのか確認していきましょう。


ランフラットタイヤのメリットとは

パンクしたランフラットタイヤ
【ランフラットの利点】
 各大手タイヤーメーカーから販売されているランフラットタイヤですが、
装着することによってどんなメリットが発生するのでしょうか?

 以下に、考えられるメリットをまとめてみたので確認してみましょう。

ランフラットタイヤのメリット
  • パンク後もしばらく走行できる
  • パンクによる事故の防止
  • スペアタイヤが不要
  • 軽量化による燃費の向上

 これらのメリットが挙げられ、燃費の向上やスペアタイヤ不要による
省資源化など、利便性はもちろん、環境にも配慮されたタイヤだという
ことがわかります。

 では次に、装着するにあたり発生するデメリットを確認していきま
しょう。


ランフラットタイヤのデメリットとは

ランフラットタイヤの取り外し
【ランフラットの欠点】
 前項目で、ランフラットタイヤのメリットについて確認しましたが
デメリットはどのような点が挙げられるのでしょうか?

 以下に、一覧でまとめてみたので確認してみましょう。

ランフラットタイヤのデメリット
  • タイヤサイズが少ない
  • 販売価格が高い
  • 販売店舗が少ない
  • パンク後の修理が出来ない

 などが挙げられ、生産数が少ないことやパンク後の修理が出来ない
など不便な点がいくつか存在します。

 ただ、パンクによる事故防止には大きな効果が期待できるため、
安全面を考慮した時に、メリットの方が大きいと言えるかもしれませんね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)