よく読まれている記事

チャイルドシートの義務期間や種類って?

チャイルドシートの義務

 子供の安全を確保するために、必要不可欠なチャイルドシート。

 小さな子どもを車に乗車させる際に必要だということは、多くの
方々が知っている事だとは思います。
 ただ、何歳からチャイルドシートが必要で、何歳までが義務期間
なの?という疑問を抱いている方も多いと聞きます。

 そこで今回は、チャイルドシートの義務期間や種類について
わかりやすくまとめてみました。


チャイルドシートの種類って?

レカロのチャイルドシート
【チャイルドシートには種類がある】
 チャイルドシートという物は知っているけど、子供の体重や年齢別に
種類があり、さらには使い分けられているというところまで理解して
いる方は少ないのではないでしょうか?

 そこで、チャイルドシートを適齢期と種類別に一覧でまとめてみました。

新生児・乳児用ベビーシート
  • 体重0~9kg
    新生児から生後9ヶ月頃まで
  • 体重0~13kg
    新生児から生後15ヶ月頃まで

 ベビーシートは、生まれてすぐから1歳頃まで使用できるチャイルドシートで
進行方向に対し、後ろ向きで使用するのが特徴です。
 赤ちゃんを寝かせたまま移動できるキャリーや簡易ラックとしても利用でき
製品によっては、ベビーカーと組み合わせる事ができる便利なものもあります。

幼児用チャイルドシート
  • 体重9~18kg
    生後9ヶ月頃から4歳頃まで

 幼児用チャイルドシートは、ベビーシートを1歳前後まで着用した後に使用する
シートです。進行方向に対し前向きに取り付け、子供を5点式ハーネスで固定する
ものが一般的です。

学童用ジュニアシート
  • 体重15~25kg
    3歳頃から7歳頃まで
  • 体重15~36kg
    3歳頃から12歳頃まで

 ジュニアシートは今までの5点式ハーネスと違って、3点式になります。
ベルトが自在に伸び縮みし、バックルも外すことも出来てしまいます。
そのため、子供自身がきちんと座ることが出来ないとうまく使いこな
せません。


チャイルドシートが必要な期間や年齢って?

大人のチャイルドシート
【義務期間や年齢は何年?】
 チャイルドシートを装着しなければならない、という事はわかっていても
一体どのくらいの義務期間があるの?
と思っている方も多いのではないでしょうか。

 そこで、道路交通法を調べてみたところ、以下の様な記述がありました。

道路交通法第71条の3第3項

自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに
代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて
道路運送車両法第3章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の
発育の程度に応じた形状を有するものをいう。)を使用しない幼児を
乗車させて自動車を運転してはならない。

 と記載されていて、ここでの幼児とは道路交通法第14条第3項により6歳未満の
子供のことを指します。

 つまり、通常のシートベルトだと子供には大きすぎるから、6歳未満の子には、
その子の体に合わせたシートベルトの代用を用意しないと車に乗せてはいけない

という事になります。

【義務期間が過ぎたら外してもいいの?】
 義務期間が6歳まで、という事はわかりましたが、6歳を過ぎたらもう
チャイルドシートを使う必要はないんでしょうか?

 確かに、6歳以上の子供に対してはチャイルドシートの装着義務は発生しません
が車両の大人用のシートベルトは、身長約140cm以上の体型に対して有効な働き
をする様に造られているため、年齢が6歳を超えても、まだ身体の小さな子供には
チャイルドシートやジュニアシートを使うようにしましょう。

 また、シートベルトをせずにそのまま座らせるのはもちろんダメですが、大人用の
シートベルトを身体の小さな子供に使うと、ベルトが首にかかるなど、とても危険な
状態になるので絶対にやめましょう。


義務違反をすると?

罰金
【違反点数や罰金の金額は?】
 では、義務違反を犯してしまった場合、どのような罰則が科せられるのか
確認してみましょう。

・違反点数
 1点付加
・罰金
 0

 違反点数は1点付加されますが、罰金は取られないという事だそうです。

【取り付け免除の事例】
 チャイルドシートの取り付けが免除される場合もあるので、その一部事例を
挙げてみました。

免除事例
・対象人数分だけチャイルドシートを装着すると大人が乗車できない場合。
(5名乗車の車に、大人2人と6歳未満の幼児4人が乗る場合のときは
取り付けが可能な座席にだけ取り付ければよい)

・身体の状態によりチャイルドシートの使用が困難な時、また事業用のバスや
タクシーがお客である幼児を乗せる時

 などは、使用義務が免除される場合があるので覚えておきましょう。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)