運転時の腰痛改善方法

運転時の腰痛改善方法
大型バンボディ

車を運転すると、同じ姿勢のままでいなければならないので疲れますよね。
特にトラックドライバーさんのように長時間車の中で過ごしている人は、同じ姿勢でいるため腰痛等で悩まされるのではないでしょうか。 そのせいで、荷物が持てないくなってしまったら大変です!病院で診てもらうのがいいのですが、お金も時間もかかるわけですし…。

少しでもそんな悩みがなくなるよう、今回は運転時の腰痛改善方法ストレッチを紹介したいと思います。

何故、腰が痛くなるのか
長時間運転をすると腰が痛くなる理由は、同じ姿勢を取り続けているためです。
運転動作は、ほとんどハンドルとアクセル、ブレーキ操作だけなので、腕と足先以外はずっと同じ姿勢を保ち続けているわけです。
この同じ姿勢を取り続けることで、血行不良により筋肉が硬くなったり、座った姿勢での腰椎への負担のため、腰が痛くなるのです。


改善方法
【姿勢】
姿勢が悪いことでも、体がゆがんでしまい肩こりや腰痛の原因となります。
まずは姿勢を意識してみましょう。

≪正しい運転姿勢の取り方≫
  1. 腰と背中をシートにぴったりとつけ隙間をあけないように深く座ります

  2. ブレーキペダルを右足で(マニュアル車はクラッチペダルを左足で)いっぱいに踏み込んだとき、膝がのびきらず、少し余裕がある位置にシートを合わせます。

  3. 背中
  4. 背中をシートにつけたまま両手でハンドル上部を握り、ひじに少し余裕ができる角度にシートバックを合わせます。

  5. 調節機構つきの場合は、耳の中心とヘッドレストの中心の高さが合うようにします。

【腰痛で悩む人の乗車するコツ】
現在腰痛もちという人は、乗車の際、腰をひねらないようにすることが大事です。 シートの端に横向きになって腰かけ、シートに両手をつき、からだを浮かせるようにします。
次に、背もたれの角度を90~100度にして、座席とハンドルとの距離を適正に保ちます。
そして膝や足、腰の負担が少ないかを確認しながら、シートを固定します。

ストレッチ

サービスエリアなどで、車から降りて行うストレッチを紹介します。

【肩・腰を中心に全身にきくストレッチ】
1,足を肩幅に開いて立ち、足先は内側に向けて「八」の字にします。
  背中は真っ直ぐに伸ばし、肩の力を抜いてリラックス。顔を正面に向けます。

2,腕を後ろにまわして指を組み合わせ、胸を張ります。
  その状態のままお尻を後ろに突き出しながら前屈し、これ以上行かないというところで止めます。

3,胸を張ったまま両腕を上げ、息を大きく吸います。
  その姿勢のまま息を深く吐き出しましょう。1-3の動作を3~4回繰り返すことで腰の疲れや腰痛を緩和します。

【体の両サイド、肩に効果的なストレッチ】
1,足先を正面に向け、脚を肩幅に開いて立ちます。(肩に力が入ったり、背筋がまがったりしないよう注意。)
  顔は正面に向けて軽くあごを引きます。

2,左手を横からあげて肘を曲げます。右手で左手の手首をつかみ左の手の平を上にむけます。
  腰を左側に突き出してから、上体を右に倒していきましょう。(前屈みにならないように注意。)

3,上体を右に倒した状態から右手で左手を引っ張ります。
  左脇が伸びるのを感じながら、これ以上いかないところで止め、息を大きく吸い、吐き出します。
  反対側も同様におこないます

※ストレッチ参考サイト:ホンダ「イチオシ!トピックス」

おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.