【自動運転も可能に】ACCのメリット・デメリットとは

定速運転を行う新機能、ACCとは?

 高速道路の渋滞時は、ノロノロ運転や、発進や停止が繰り返されるので、
ストレスが溜まってしまう…という人も結構いるのではないでしょうか?

 そんなストレスを緩和できる新機能として、「ACC」が注目されています。
 あまり聞き慣れない用語ですが、ACCとは一体どのような機能が備わって
いるのでしょうか?

 そこで今回は、ACCのメリットやデメリットなどについてまとめました。
ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)とは?

車間距離の注意書き
【ACCの概要】
 ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)とは、正式名称は「定速
走行・車間距離制御装置」と言い、高速道路や自動車専用道路で使用する
ことを前提に作られた装置です。

 その機能は、名前の通り車間距離を保ちながら、定速運転が可能になる
装置
になります。

 このACCが登場する以前は、CC(クルーズ・コントロール)と呼ばれる
ドライバーが設定した速度で走行してくれる機能が主流で、車間距離を
保つには、ドライバーがブレーキ操作をおこなう必要がありました。

 しかし、ACCは、このCCの機能をさらに向上させた装置で、車間距離
を一定に保つために、センサーとCPU(コンピューター)が車に搭載され
ており、アクセル操作だけでなく、ブレーキ操作も自動で行うのが特徴
です。

ACCとCCの違い

 ちなみに、各自動車メーカーによってACCの名称は異なりますので、
ACCが対応しているか確認する場合はメーカーの呼称で確認すると良い
でしょう。

各メーカーのACCの名称

トヨタ:
スバル:
ホンダ:
日産:
フォルクスワーゲン:
ボルボ:
レーダークルーズコントロール
アイサイト
ACC(アダプティブクルーズコントロール)
インテリジェントクルーズコントロール
ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
全車速追従機能付ACC


ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)のメリットとは?

快適な運転
【ACCの利点とは?】
 さて、そんなドライバーの運転を手助けする便利な機能のACCですが、
メリットとしてはどのような点が挙げられるのでしょうか?

ACCのメリット
  • ドライバーの疲労が軽減
  • 車間距離を保ちながら走る「追従走行」が可能
  • 渋滞緩和
  • 予測運転により、燃料消費を低減

 このようにACCは、アクセルやブレーキ操作の一部を自動で行うので、
アクセル操作やブレーキ操作が多く、疲労が蓄積されやすい高速道路での
長時間運転などでは特に、効果を発揮します。

 また、搭載されたセンサーとCPU(コンピューター)により、車間距離を
保ちながら走る「追従走行」が可能となっており、渋滞緩和にも役立つと
されています。

効果的な場面
  • 交通量が多い場合
  • スムーズに流れている場合
  • 大渋滞している場合

 ドライバーへの負担を軽減するだけでなく、社会にも貢献する画期的な
機能ということですね。


ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)のデメリットとは?

運転中の睡魔
【ACCの欠点とは?】
 さて、メリットだけを見ると素晴らしい機能にも見えますが、ACCは
まだ開発されたばかりの機能なので、当然ながらメリットだけでなく、
デメリットも持ち合わせています。

ACCのデメリット
  • 飛び出しなどの急ブレーキが遅れる
  • 悪天候だと作動しずらくなる
  • 運転者が眠気を感じやすくなる

 便利な自動のブレーキ操作ですが、突然のアクシデントで急ブレーキを
かける際に遅れる事が考えられます。

 また、ACCは車載カメラの視界で状況を判断するため、逆光だったり、
霧が広がっていたりすると作動しずらくなる事もあるようです。さらに、
ACCの機能に頼りきってしまい、運転者自身が眠気を感じやすくなってし
まうこともあるようです。

 便利な機能のACCですが、やはり使う側も注意を払って使用することで
効果を発揮します。ACCばかりに頼ってしまっては駄目ということですね。

 また、こういった場面では能力が発揮できないと言われているので、
自分で運転するほうがいいかもしれません。

能力が発揮出来ない場面
  • 雪や雨などの悪天候時
  • 一般道路
  • 高速道路の料金所
  • 急なカーブがある高速道路

 このように、まだまだ改善の余地のあるACCですが、今以上に一般化
する事によって、さらなる機能の追加や、渋滞解消などの社会にも役立
つことでしょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.