よく読まれている記事

トラックの総重量、積載量の決まり

トラックの総重量、積載量の決まり
ダンプ
トラックは公共の道路などを利用して荷物を運んでいます。
そのため、安全な人や車両の通行を確保する必要があり、それを道路法などで、道路や橋梁は使用される目的にあわせて基準があり、その基準により設計し作られて管理されています。このためトラックが公共物の道路や橋などに損傷を与えないため、走行するトラックには大きさや重量が定められています。
今回はトラックの基礎知識である「積載量」についてかいていきたいと思います。



車両重量と車両総重量

【車両重量】
 トラックが荷物もなにも乗せていない状態の重さ。すぐにでも走れる状態のことであり、燃料・オイル・水
 など規定の全量及び標準仕様の荷台が含まれています。
 乗員や荷物や工具・スペアタイヤなどは含まれません。
 ※各メーカーのカタログ車両重量と荷台の仕様やクレーンなどの荷役設備を設けた実際の車両重量とは、
  異なる場合があります。
【車両総重量】
 トラック車両重量に乗車定員や最大積載量の荷物を積んだ走行状態での全重量のことです。
 (GVW=Gross Vehicle Weight)


車両総重量=車両重量+乗車定員×55㎏+最大積載量


トラックメーカーは、車両総重量が決められた重さ以下になるよう車両重量や積載量を設計しています。
積載量を考える場合はすべて、この車両総重量が基本となります。

積載量
【積載量】
 車両に積み込みのできる貨物の重量のこと。

【許容荷重】
 トラックの重さに限界があるのは、トラックを支えているタイヤと、それらを支えている前後の車軸の強度に
 限界があるからです。

 その車軸の耐えることのできる重量の限界のことをいいます。
【軸許容荷重】
 前後の車軸の耐えることのできる重度の限界のことをいいます。
 ※「メーカーが設定している軸許容荷重」…各車種ごとに前軸、後軸それぞれに軸としてどのくらいの重さに耐えられるかを
   表しています。


これらは人と積み荷を乗せた車両総重量の状態で考えます。



【タイヤ形容荷重】
 軸の先についているタイヤの強さを表しています。
  JATMA(日本自動車タイヤ協会規格)タイヤの種類ごとにそのタイヤがどれくらいの重さに耐えられるか
 設定しています。

最大積載量

積める荷物の最大の重さを「最大積載量」といいます。
最大積載量を超えた荷物を積み、走行すると法律違反になります。

【最大積載量の求め方】

最大積載量=車両総重量ー車両重量ー乗車定員(一人あたり55㎏)


増トンと減トン

【増トン】
 トラックの修理や、改造などで一般的な積載量を増加させたもののこと指します。
 増トンするには、トラックのトラックの軸許容荷重やタイヤ許容荷重に余裕を持たせることが必要です。

※中型免許しか取得していない人は、増トンによって車両総重量が8トン以上になってしまったり、最大積載量が5トンを超えてしまうと、運転には大型免許が必要となるので注意してください。

【減トン】
 増トンとは反対に、最大積載量を小さくすることを指します。
 積載量が小さくなれば、車両重量税も安く済むため、積み込む荷物の量によっては減トンした方が維持費が 節減できてメリットとなる場合もあります。

重量によるトラックの区分

道路運送車両法では車両寸法により、軽、小型、普通と区分され、登録、自動車検査などはこれに基づいています。
【標準積載量による分類】
【大型トラック】:最大積載量5t以上または車両総重量8t以上
【中型トラック】:4t以上5t未満、2t以上5t未満
【小型トラック】:2~3t程度(4t未満)、2t未満

【通称】
【大型トラック】:10t車、20t車、25t車
【中型トラック】:4t車
【小型トラック】:2t車

道路交通法

自動車は、道路運送車両法及び道路交通法により区分されています。
道路交通法では車両重量により普通、大型に区分され、運転免許証、交通取締りなどはこれに基づき実施されています。

【道路交通法による区分】
【区分:普通】
⇒車両総重量5トン未満かつ最大積載量3トン未満
⇒普通自動車免許

【区分:中型】
⇒車両総重量11トン未満かつ最大積載量6.5トン未満
⇒中型自動車免許

【区分:大型】
⇒大型自動車免許


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)