よく読まれている記事

交通安全のお守りで有名な神社・寺(岩手県)

岩手県の交通安全のご利益があるお守りは?

 これまで色々な都道府県の交通安全のお守りなどを取り扱う神社を
まとめてきていますが、今回は一度は挑戦したい、わんこ蕎麦で有名
岩手県について調べてみました。

 岩手県は交通死亡事故ゼロ日達成の表彰をされる地域が多いみたい
ですが、そうはいっても気持ちを引き締めて事故を起こさないように
安全運転を目指しましょう。

 岩手県在住の方以外にも、近くに行く予定のある方は参考にどうぞ。


神社について

【交通安全のご利益について】
 神社で売られているお守りの効果ですが、どのように決められて
いるのかというと、実は神社に祀られている神様によってその効果
は変わり、神様の性格などからその効果が決まるそうです。
 このため、神社の人が決めている…という訳ではないんですね。

 ちなみに、写真の神社は岩手県盛岡市にある盛岡八幡宮で、敷地内
には12の社殿があるそうです。

 交通安全以外にも、商業や学問など生活に深く関わる神様を祀って
おり、多くの人が参拝に訪れる神社です。

五鯉躍守り キティちゃんのお守り

●盛岡八幡宮
住所:岩手県盛岡市八幡町13-1


お守りの取り扱いやご利益

【取り扱い方法】
 一般的にお守りというのは「中身が見えないようになっていて封が
閉じられている」ものを思い浮かべると思いますが、中身には何が入っ
てるのか気になってるものの開けられないという方も多いのではない
でしょうか?

 お守りを開けてはいけないということにはきちんとした理由があり
(大したものが中に入ってないので開けられると困るなんてことはあ
りません)、お守りの内側には特別な力を閉じ込めてあるので開封し
てしまうとせっかく閉じ込めた力が外へと逃げてしまうということな
んだそうです。

 そのため、わざわざ封までした上に開けてはいけないと教えられて
いるのですね。せっかく神社まで行って購入したお守りなので扱いは

  • 中身は開けない
  • 身の回りに置く
  • 雑に扱わない

ということを忘れずに丁寧に扱い、お守りのご利益が
いつでも発揮できるようにしておくようにしておくと良いですね。

【お守りの有効期限】
 お守りというのは見た目は同じようですが、いろいろなご利益があり、
お守りの有効期限が日が過ぎるにつれて落ちるものかと思う方もいるとは
思いますが調べてみたところ、有効期限というものは特になく、あるのは
内容自体に期限がある場合(合格祈願、安産etc)のみのようです。

 ただ、お正月や初詣に買う熊手や破魔矢などは、一般的には1年間とい
うイメージがありますが、こちらも有効期限が定められているわけでは
ないようです

 購入してから数年経過すると見た目が古くなってくるので、どうしても
「効果が落ちていってるのでは…?」と疑問を持つ必要もないみたいです。
 古くなることでお守りに更なる力が溜まっていき見た目も効力も高まって
くると思ったほうがいいかもしれませんね。

 また、初詣などで新たなお守りを入手したら、古いお守りはゴミ箱には
決して捨てず、神社などで引き取って貰うことをオススメします。

 ただ、旅行先で買ったお守りで、わざわざ返しにいけないという場合には、
塩で清めたり、白紙で包み捨てるようにしましょう。



岩手県の交通安全にゆかりのある神社一覧

【岩手県内の神社・寺など】
 下に岩手県内で交通安全にゆかりのある神社をまとめてみました。
 掲載している内容は今現在のものですので、ご覧になられた際に
お守りが販売されているかなどの最新情報についてはそれぞれの神社
に直接問い合わせてみてください。

●西磐井郡
中尊寺
: 岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202
●奥州市
日高神社
: 岩手県奥州市水沢区字日高小路13
●遠野市
遠野郷八幡宮
: 岩手県遠野市松崎町白岩23ー19
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)