よく読まれている記事

積合せ輸送の仕組みとは?メリットやデメリットなど

メリットやデメリット、導入などまとめ

 近年、ガソリン価格の高騰や、人件費の増加など物流業界を悩ませている
ニュースをよく聞きます。

 そのため、コストを抑えるために、運送業者が様々な効率のよい運送方法
を行っています。その一つに、ミルクラン輸送がありますが、もう一つの方
法に積合せ輸送があります。

 そこで、積合せ輸送の仕組みやメリット・デメリットなどをまとめました。


積合せ輸送って一体何?

コンテナに荷物を積み込む
【積合せ輸送とは】
 積合せ輸送とは、読んで字のごとく、一台の車両に複数の荷主の貨物を
積合せて輸送することを言います。

 今まで、やってなかったの?と思う方も多いかもしれませんが、実は、
法律により制限されていました。

 物流二法施行前には、区域トラック運送事業者は、積合せ輸送
を行うことが出来ませんでしたが、物流二法の施行により特別積
合せ事業(旧法の路線トラック事業)以外でも、一般貨物自動車
運送事業の範囲内で積合せ輸送を行うことができるようになりま
した。

 ただ、運賃は、積合せ運賃を適用しなければならないようです。

 詳しくは、こちらの記事にまとてありますので、参考にどうぞ。

○貨物自動車運送事業法の第63条、その内容とは?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-372.html


積合せ輸送をおこなうメリット・デメリットは?

【積合せ輸送のメリット】
エコマーク  さて、積合せ輸送にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

※積合せ輸送のメリット
  • 貸切便(チャーター便)よりも料金が安い
  • 稼動車両台数も減り、環境負荷が低減される
  • 多頻度・少量運送に対応し易い
  • ターミナルを経由しない直集・直配でコストダウン

 今までの貸切便での料金設定では、トラック1台あたり○○円なので、
荷台いっぱいに荷物を積んでいtも、少ししか積んでいなくても同じ
料金を払う必要がありました。

 しかし、積合せ輸送で、A社の荷物とB社の荷物を同時に運ぶことで、
もともと、4割程度の積み荷で輸送していたものを10割近く積んだ状態
で輸送することが出来ます。
 そのため、荷台の無駄なスペースを活用でき、コストダウンや、環境
負荷を減らすことに繋がります。

積合せ輸送のイメージ

従来の輸送のイメージ

 このようにメリットを見ると、素晴らしい輸送方法なのはわかりますが、
デメリットはどういったものがあるんでしょうか。

※積合せ輸送のデメリット
  • 積み荷管理が難しい
  • 荷台いっぱいの貸切便より、荷物1つあたりのコストが割高
  • 輸送中に発生する荷物破損や汚れ
  • 繁忙期などの延着
  • 繁忙期などの残貨

 積み合わせ輸送のデメリットとしては、これらのことが挙げられます。
やはり、違う会社の荷物を運んでいるため、積み荷の管理が難しくなる
ことと、ターミナルで積み替えを複数回行うので、荷物破損や汚れがつ
きやすい。また、繁忙期では、延着・残貨し易いといったことがあるよ
うです。



実際に積合せ輸送を導入するとどうなるの?

【導入事例の紹介】
街を走るトラック  では、実際に積合せ輸送を導入した会社では、どれほどのコストダウン
ができているのでしょうか。

  • 貸切便で荷物を出すほどまで物量が無い
  • 荷物の発送・到着までに多少時間がかかってもよい
  • とにかく、コスト安く抑えたい

 このような会社で、積合せ輸送を導入したところ、
福岡~東京間で約4万円ほどのコストダウンにつながったようです。

  • 利用前の貸切便:120,000円
  • 利用後の混載便: 80,000円

 長距離の運搬だと、どうしても運送料金が高くなってしまいますが、
積合せ輸送では、高速料金代、ガソリン代、人件費などのコストを混載
した荷主同士で分割できます。

 そのため、運送コストを下げることができます。

 ただ、これはあくまで一例で、現状、貸切便でもいっぱいに荷物を積
んでいる会社や到着時間がシビアな場合などはかえって、積合せ輸送を
導入しないほうが良い場合も考えられます。

 積合せ輸送を導入することでコストダウンが望めるか、輸送効率が上
がるかを見極めた上で、導入したほうが良いでしょう。

 また、積合せ輸送と似たものに共同配送があります。こちらも参考に
してみてはいかがでしょうか。

○運送業界でよく聞く共同配送ってどんなシステム?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-581.html

○ミルクラン(巡回集荷)輸送の仕組みとは?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-485.html

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)