TPMS(タイヤ空気圧警報システム)の特徴とは?

タイヤの空気圧低下を知らせてくれる、TPMSとは?

 タイヤの空気は自然と減っていくので、定期的に空気圧をチェック
する必要があります。

 本来、空気圧をチェックする場合は、空気圧計を使用するのですが、
最近は、運転席から空気圧の低下を確認する事ができる「TPMS」という
機能が出てきて注目されています。

 とはいえ、まだ馴染みのない機能だと思いますので、今回はTPMSの
特徴やメリット・デメリットについて
分かりやすくまとめました。
TPMS(タイヤ空気圧警報システム)とは?

TPMS 作動
【TPMSの概要】
 TPMSは正式名称を「タイヤプレッシャー・モニタリングシステム」
と呼び、運転席から空気圧の低下を確認することが出来る機能です。

 この機能は、タイヤの空気圧の監視を常時行い、タイヤの空気圧が
低下した際に警告を行う事が目的となっています。

 そんなTPMSは、具体的に直接式と間接式の2種類があり、直接式は、
タイヤ内部に取り付けたセンサーからデータを送信する事で、
走行中もタイヤの空気圧と温度を確認することができます。

※直接式TPMS
直接式TPMS

 センサーは設定した空気圧や温度が上下した際に、ドライバーに
警告を行う仕組みになっています。

 また、直接式にはタイヤのバルブと一体化したバルブタイプと、
ホイール内部にベルトで固定するベルトタイプに分かれ、近年は簡単に
取り付けられるバルブタイプが主流になっています。

 一方、間接式は車体に取り付けられたABS(アンチブレーキシステム)
センサーを利用して、タイヤの回転数を感知します。

※間接式TPMS
間接式TPMS

 アメリカやヨーロッパにおいては、すでにTPMSが普及しており、
アメリカの場合は1万ポンド(約4.5t)までの車両には装着しなければ
ならないと法律でも決められています。

 車両総重量の大きい大型車両の場合は、システムが上手く動作しない
という問題があるので、まだ研究段階のようです。

 とはいえ、この問題が解決すれば、物流などに使用される大型車両にも
装着されることになりますので、トラブルの多いタイヤによる事故も
改善されそうですね。

 ちなみに、TPMSの装着については、日本でも義務化が検討されている
状況で、もしトラックにもTPMSの装着が義務付けられれば、日頃の
空気圧点検の手間が省けるようになるかもしれませんね。


TPMS(タイヤ空気圧警報システム)のメリット・デメリットとは?

直接式TPMSモニター
【TPMSの利点と欠点とは?】
 さて、車体のタイヤ空気圧チェックを車内にいながら確認する事が
できるという便利なTPMSですが、取り入れることでどういった効果が
あるのでしょうか?

 まずは直接式TPMSのメリットとデメリットについて見て行きましょう。

※直接式TPMSのメリット
  • 各タイヤごとに状態確認ができる
  • 偏摩耗抑制によるタイヤの寿命向上

※直接式TPMSのデメリット
  • バッテリーに寿命がある
  • バッテリー交換時はタイヤ着脱が必要

 直接式TPMSは、タイヤの状態を常時1個ずつ確認できる事が最大の
メリットとなっています。

 また、TPMSでタイヤを監視することで、タイヤが偏って減っていく
偏摩耗を防ぐことができ、タイヤの寿命を延ばし、燃費もよくなり
ます。

 反対にデメリットとして、センサーがバッテリーで動いているため、
一定期間ごとにバッテリー交換しないといけない事が挙げられます。

 この時、センサーのバッテリーを外すのにタイヤを着脱する必要が
あるので、交換には手間がかかってしまうというのも難点です。

 では次に、間接式TPMSのメリット・デメリットを見て行きましょう。

※間接式TPMSのメリット
  • TPMSの部品を購入しなくて良い
  • タイヤを着脱しなくても使用可能

※間接式TPMSのデメリット
  • 回転速度差を測るので、直接式よりも精度が低い
  • 走行状況によっては作動しない

 間接式TPMSは、ABSのセンサーを使用するため、TPMSの部品を
購入する必要が無いことや、タイヤの着脱が必要ないことが
メリットとして挙げられます。

 しかし、デメリットとしてタイヤの回転速度差を測るため、直接式
TPMSよりも精度が落ちてしまい、空気圧の低下を見落とす可能性も
あるようです。


TPMS(タイヤ空気圧警報システム)を装着している車は?

TPMS搭載車
【TPMSの装着車】
 ここまで、TPMSについて説明しましたが、実際にTPMSを取り入れた
車は、どんな車種があるのでしょうか?

※TPMSの装着車
  • BMW
    1シリーズ、2シリーズ・カブリオレ、4シリーズ・クーペなど
  • ベンツ
    Cクラス、Eクラス、Gクラスなど
  • ベントレー
    コンチネンタルGT、ミュルザンヌなど
  • フォード
    マスタング、フュージョンなど

 このように、国内では義務化されていませんが、海外メーカーの
ほとんどの車種には、空気圧警報が取り入れられています。

 というのも、アメリカやヨーロッパ諸国では、タイヤの空気圧
低下による重大事故が多発しており、それを防止するためにも、
アメリカでは2007年以降、ヨーロッパでは2012年以降に発売された
新車の乗用車にTPMSを装着することが義務付けられたんだとか。

 また、日本国内でも、パンクしても100kmは走行する事ができると
されているランフラットタイヤを装着する場合は、TPMSを装着
しなければならないと定められています。

 というのも、ランフラットタイヤはパンクしても運転手が感知できない
ので、パンク後に空気圧の低下により警告を行うTPMSが必要なんです。

 そのため、純正でランフラットタイヤを装着しているレクサスや
日産GT-Rなどの国産車でも、直接式TPMSが取り付けられています。

 日本においてもランフラットタイヤ以外の国産車への装着が義務
付けられれば、タイヤのトラブルも減り、より安全になるのでは
ないでしょうか。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.