よく読まれている記事

【新東名の最高速度が変更?】時速120km適用時のメリット・デメリットは?

最高速度120kmの概要

 2012年に東名高速道路の渋滞解消を目的に開通した新東名
高速道路。

 新東名は、一般的な高速道路と変わらず、最高速度は100km/hと
なっていますが、現在、新たに最高速度を120km/hに引き上げる
のはどうか?と警察庁が検討しているそうです。

 そこで今回は新東名の最高速度が120km/hに設定された際の
メリットとデメリットについて
まとめてみました。


なんで最高速度を120km/hにするの?

新東名高速道路
【120km/hに変更される理由】
 そもそも新東名高速道路は、現在、最も使用されている東名高速道路
の渋滞を解消する目的で作られました。

 その新東名高速道路をより効果的に活かすために、最高速度120km/h案
が浮上しています。

 新東名高速道路は現在、静岡県の御殿場市から浜松市まで繋がっていて、
最終的には2020年までに神奈川県海老名市から愛知県豊田市までつながる
予定となっています。

新東名高速道路の開通

 もちろん、これまでの東名高速のような渋滞を避けなければならない
ので、最高速度は140km/hで走行する事ができるように設計されています。

 しかし、これまでの高速道路の最高速度が100km/hだったため、
特別に最高速度を上げるのは難しく、現在の新東名高速でも最高速度は
100km/hとなっていました。

 ところが、2013年12月に警視庁の懇談会から

「設計上の最高速度が120km/hで、片側3車線以上の高速道路は、最高速度を100km超に検討すべき」


 という提言があり、2014年2月には国家公安委員長や静岡県知事が
120km/hを容認する見解を示し、御殿場市から浜松市までの区間を
最高速度120km/hに設定する案が挙がりました。

 では、具体的に新東名高速に最高速度120km/hが導入されるのは
いつからなのでしょうか?

 現在、国土交通省や有識者の間で調査を進めている段階で、2015年度
末までに引き上げが適正かどうか判断される
予定なんだそうです。


最高速度120km/hが適用された場合のメリットやデメリットは?

120kmで走る車
【120km/h走行の利点】
 さて、新東名高速の静岡区間が最高速度120kmに設定された場合、
どのような効果を得られることになるのでしょうか?

※120km/hになった場合のメリット
  • 移動時間の短縮
  • 輸送時間の短縮
  • 経済効果をもたらす

 最高速度が120km/hになった場合のメリットとして、一番に挙げられる
点としては、都心から静岡や名古屋方面、またはその反対に都心方面へ
移動する時間が短縮できることでしょう。

 現在、東名高速と新東名高速を使って、東京ICから静岡ICまで移動した
場合は、60km/h~100km/hでの走行で1時間50分程度かかります。
 そこで新東名高速が120km/hで走行できれば、時間を10分短縮することが
できるとされています。

 また、東京ICから名古屋間の場合は、60km/h~100km/hで走行した場合
1時間50分程度かかるのですが、120km/hになると18分短縮できるように
なるようです。

 この時間短縮効果により、日帰りの観光客が増え、各都市での経済効果
も期待できるそうです。

【120km/h走行の欠点】
 しかし、最高速度が120km/hに設定された場合、良い事だけではありま
せん。事故率の増加や、近隣住民などへの騒音対策など様々なところに
目を配る必要がありそうです。

※120km/hになった場合のデメリット
  • 重大事故が起こる可能性がある
  • トンネル内の照度不足の改善
  • 周辺住民への騒音や振動
  • トンネルなどの路肩幅員の不足

 最高速度が120km/hになった場合、スピードが出る分、転覆・火災や
死亡事故など重大な事故につながる可能性が高くなる事が想定されます。

 さらに、スピードリミッターが取り付けられている大型トラックなどは
最高速度が90km/h前後しか出ないので、一般的な乗用車との速度差が
発生し、事故につながるのではないかと懸念されています。

 このように、制限速度の引き上げによってメリット・デメリットの
どちらも発生するので、現在はなんとも言い難い状況ですが、決議さ
れる際は改善・対策を考え、より良い案が出るのを期待したいところ
ですね。


大型トラックが120km/h区間を走行する場合…

高速を走るトラック
【スピードリミッター付トラックの場合はどうなるの?】
 さて、新東名高速の静岡区間の最高速度が120km/hに引き上げられた
場合、現在スピードリミッターのついている車両はどのようにして
走行する事になるのでしょうか?

 前項でも触れた通り、スピードリミッターが取り付けられている
トラックなどは、最高速度が90km/h前後しか出せないので、自動車と
速度差が生じて危険です。

 この問題に対する解決策は、明確にはまだ公表されていませんが、
他の高速道路を通行する時と同様、一番左側の1車線を通行する形に
なる事になるのではないでしょうか。

 というのも実は、トラックに限らず、道路交通法では追い越し以外
では一番左の車線通行する事が定められています。

 また、追い越し車線を走り続けた場合は、罰金や罰則など大変な事に
なりかねないので、これは日頃から気をつけましょう。

○【えっ、これ違反なの?】道路の追い越し車線を走り続けると罰金&反則金
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-421.html
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)