よく読まれている記事

トラックのバッテリーの盗難、対策や対処とは

近年増加しているトラックのバッテリーの盗難

 トラックを動かすのに、必要不可欠となるパーツ・バッテリー。
 近年、このトラックのバッテリーが、盗難被害に遭うことが多く
なっています。

 しかし、なぜトラックの車体ではなく、バッテリーだけが盗難
されてしまうのでしょうか?

 そこで今回は、トラックのバッテリーの盗難手口やその対策、
盗まれた後のバッテリーの行方について
まとめてみました。


トラックのバッテリー盗難の手口

犯行現場
【バッテリーの盗難方法とは】
 さて、トラックのバッテリーの盗難手口としては、バッテリーを固定
しているネジをドライバーで外して、そのまま盗んでしまうという単純
な方法です。

 というのも、トラックのバッテリーは自動車のバッテリーとは違い、
外にむき出しになっていて、車体とボルトで固定されいるだけです。

 さらに、そのバッテリーの取り外しは数分で行えるほか、作業も
しゃがんでボルトを外すだけなので、通行人に怪しまれる事無く、盗難
されてしまうんです。

 中には一晩で50個以上のバッテリーが盗まれたという被害情報も…。

 トラックのバッテリーは、1台1.5万円~5万円程度で販売されている
ので、被害総額が相当な金額になることが分かりますよね…。

※盗難被害に遭いやすい場所
  • 目立たない野外駐車場
  • 人通りの少ない駐車場
  • 交通量の少ない駐車場
  • 土日などの人のいない会社

 このように、トラックを野外の駐車場に停めて、防犯対策を行って
いない場合は、バッテリーの盗難に遭う可能性がある
ので、何かしらの
対策を行っておくのが良いでしょう。


トラックのバッテリー盗難防止対策

バッテリーにチェーン
【盗難の対策は】
 さて、トラックのバッテリーを盗まれないための対策としては以下の
方法が挙げられます。

※トラックのバッテリーの盗難対策
  • 駐車場の入り口にチェーンをかける
  • 駐車場に監視カメラを導入する
  • 駐車場の照明を増やす
  • 車両保険に加入する
  • 駐車時の間隔を狭くする

 このように、普段から防犯を心がけて、駐車場に防犯対策を行なう
事が、盗難防止に繋がります。

 中でもカメラや照明の導入は、1万円から数万円程度費用がかかって
しまいますが、盗難を行なう犯人は、犯行が目撃されやすい環境を
嫌がるので、バッテリーの盗難を未然に防げます。

 また、バッテリーを盗難を防ぐ事ができる防犯グッズも販売されて
いるので、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

※トラックのバッテリーの盗難対策グッズ
  • トラックのバッテリー用盗難防止用ボルト・ナット
  • ハンドルロック
  • チェーンと南京錠

 チェーンと南京錠は、トラックのバッテリーをチェーンで覆って、
南京錠でチェーンを外さないようにする方法で使用します。

 ボルトとナット、ハンドルロックの価格は2,000円から5,000円程度、
チェーンと南京錠は1万円から2万円程度で購入できます。

 盗難対策の導入を考えている方は、購入してみても良いかも
知れませんね。


トラックのバッテリーの行方は

トラックのバッテリー
【なぜ盗難されるか】
 さて、ここまではトラックのバッテリーの盗難手口や対策について説明
しましたが、盗まれたバッテリーは一体どうなるのでしょうか?

 実はトラックのバッテリーを盗難する目的は、バッテリー内にある鉛を
スクラップ業者などに転売すること
であり、転売するとバッテリーに
よっては1,000円台から数万円まで値が付きます。

※バッテリー盗難が増えている理由
  • 取り外すことが簡単
  • バッテリー内の鉛をすぐに換金できる
  • 転売しても足がつきにくい
  • 金属としてバッテリーとして売却出来る

 さらに、トラックのバッテリーが1度盗まれると、犯人は2度3度と盗み
を働くケースもあるため、警察が把握している以上に被害件数があると
言われています。

 もしもトラックのバッテリーが盗まれてしまったら、「車が動かない」
という精神的ショックが大きいため、一度防犯対策について考えてみては
いかがでしょうか。

 また、トラックの盗難に関しては、以下の記事を参考にして下さい。

○トラックの盗難防止対策(セキュリティ)
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-155.html

○トラック駐車場の盗難多発中、どのような防犯対策が有効なのか?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-397.html

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)