よく読まれている記事

【ドライバーの地位向上】トラックドライバー甲子園とは?

ドライバーの意識向上をはかる、トラックドライバー甲子園とは

 2015年には14万人の人数が不足すると言われ、減少傾向にある
トラックドライバー。

 そんな中、トラックドライバーの人材不足解消や、地位の向上を
目的とした、トラックドライバー甲子園というイベントが行われて
います。

 そこで今回は、トラックドライバー甲子園の内容や目的などについて
まとめてみました。


トラックドライバー甲子園について

トラックドライバー
【トラックドライバー甲子園の概要】
 トラックドライバー甲子園とは、一般社団法人ドライバーニュー
ディールアソシエーション(D.N.A)が運営を行うイベントで、2012年に
行われたプレ大会の第0回目から数えて、現在まで合計3回開催されて
います。

 第2回からは国土交通省の後援が付くようになり、第3回は2016年
2月7日に都内で開催される予定です。

 現在D.N.Aには、全国50社以上の運送会社が加入しており、この中の
優秀な会社やドライバーがD.N.Aの選考により選ばれて、トラック
ドライバー甲子園に参加することができます。

 トラックドライバー甲子園の参加会社は、企業価値の向上についての
発表を行い、
他のドライバーの模範となる取り組みを行ったドライバー
は、表彰が行われます。

 また、このイベントはD.N.Aの会員以外の方でも参加費5,000円を
支払うことで来場する事が可能となっています。


トラックドライバー甲子園の目的や内容は?

プレゼン
【運送業界から日本を元気にしたい】
 さて、このトラックドライバー甲子園の主な目的としては、
以下が挙げられます。

※イベントの目的
  • 運送業界から日本を元気にしたい
  • 運送業界の地位向上
  • 人材不足解消
  • 子どもたちが憧れる職業にすること

 具体的な内容はどんな感じなのかというと…

  1. 情熱のプレゼン
    イベントの主な内容の一つとしては、D.N.A加入会社の企業価値向上に ついての取り組みや、企業価値向上に向けた研修である「トラドラアカデミー」 についての活動内容を発表する「情熱のプレゼン」があります。

  2. MVD(Most Valuable Driver)
    もう一点の内容としては、D.N.A加入会社のドライバーの中から、他の ドライバーの模範となる安全や無事故への取り組みを行った人は、 「MVD(Most Valuable Driver)」として表彰されます。

 このように情報共有や取り組み・ノウハウの共有を行うことができ、
さらに表彰によってドライバーのモチベーションの向上にも繋がる事に
なります。

 また、D.N.Aへ加入していない会社でもトラックドライバー甲子園に
来場することで、情報を共有する事ができるので、参加してみるのも
良いかもしれませんね。


トラックドライバー甲子園で受賞するとどうなるの?

マイク
【入賞すると何がある?】
 さて、トラックドライバー甲子園の「情熱のプレゼン」や「MVD」に
選ばれた会社やドライバーは、他の業者の手本として壇上で表彰され、
祝福されます。

 また、表彰されたドライバーは、他の業界や媒体からインタビューの
依頼が来る事もあるようです。

 このように、トラックドライバーを中心とした職場作りに役立つ
イベントであるため、現在、トラックドライバー甲子園の参加会社は
毎回200~300社を超え、来場者数は1回目と2回目ともに
1000人を超えて
います。

 トラックドライバーが減少傾向にある現在、このような前向きな
イベントが続いていき、トラックドライバーを志願する人達が増えて
くれれば良いですね。

 以下に、トラックドライバー関連の記事を掲載しておくので、
興味の有る方はご覧になってみてはいかがでしょうか?

○トラック運転手になるためにはどうしたらいい?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-609.html
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)