【ギーギーという異音】クラッチジャダーの原因や対策・対処

MT車に発生する現象、クラッチジャダーとは

 車やトラックの発進時に、車体が激しく振動する…。

 この現象は、クラッチジャダーと呼ばれ、半クラッチの多用に
よって引き起こされます。
 しかし、半クラッチがどのような影響を及ぼしてこのクラッチ
ジャダーという現象になってしまうのでしょうか?

 そこで今回は、クラッチジャダーの原因や対策、対処について
まとめてみました。
クラッチジャダーとは

いらつく男
【クラッチジャダーの症状】
 さて、このクラッチジャダーとは、主にMT車(マニュアル)に発生する、
クラッチの摩耗を発端とした現象です。

 クラッチジャダーは、発進時に異常な振動が起こったり、「ギーギー」
といった異音が発生したり、走行中にも振動が発生してしまいます。

 しかし、走行性能にはそこまで影響を及ぼさないため、そのまま対処
せずに運転しているトラックドライバーも多いようです。

 しかし、このクラッチジャダーをそのまま放っておくと、最終的には
クラッチが作動しなくなってしまい、走行できなくなる恐れがあります。

 そんな事態に陥らないためにも、クラッチジャダーの原因と対策について
見て行きましょう。


クラッチジャダーの原因と対策

摩耗したクラッチディスク
【半クラッチを多用しない】
 さて、クラッチジャダーが起こる原因としては、発進時に半クラッチを
多用することで、クラッチの作動部が劣化してしまう事が挙げられます。

 主に、クラッチカバーの摩耗やフライホイールが焼けて変形したり、
クラッチディスクに焼けや摩耗が発生することで引き起こされます。

※クラッチジャダーが起こる原因
  • クラッチカバーの摩耗
  • フライホイールの焼け
  • クラッチディスクの焼けや摩耗

 クラッチジャダーが発生した際の対策としては、車の発進時に
半クラッチを多用しない事や、発進時にアクセルを添えて、エンジンの
回転を上げる事などが効果的です。

 さらに、半クラッチを使わないといけない場合は、半クラッチ状態を
2~3秒程度行うことにより、一時的にジャダー現象が発生しなくなる事も
あるそうです。

 しかし、クラッチ自体が劣化している事には変わりがありませんので、
クラッチジャダーが頻発する場合は、控えた方が良いでしょう。


クラッチジャダーの対処方法や修理費用

クラッチ交換
【クラッチジャダーが起こったら…】
 さて、このクラッチジャダーが発生した場合はどのような対処を
おこなえば良いのでしょうか?

 クラッチジャダーが多発する場合には、クラッチを交換する必要
があります。交換をする前に、最寄りのディーラーに相談して、
ジャダー保証について確認しておくとよいでしょう。

 クラッチの交換時期ついては、以下の記事で詳しく説明しています。

○クラッチの寿命や交換費用とは?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-709.html

 また、クラッチの劣化が酷く、交換をしないといけない場合は、
クラッチを構成するディスク、カバー、レリーズ、パイロット
ベアリングといった全てのパーツを交換する必要があります。

 というのも、もしも傷んでいるパーツを一か所だけ交換しても、
他の部分が傷んでいるとジャダーが再発してしまう恐れがあるから
です。

 ちなみに、クラッチの交換にかかる費用はおよそ5万~20万円程度
かかってきます。

※クラッチ交換費用の目安
普通車…5万~10万円
トラック…15万~20万円

 このようにクラッチの交換は決して安い金額ではありません。

 日頃から不具合が出ないように整備・点検を怠らず、運転する時も
心がけるようにすると、高い修理代を支払わなくても済むことに
なるでしょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.