【自己流運転の見直し】安全運転講習の内容や特徴とは?

運転の基本操作を確認できる、安全運転講習とは

 日頃からを運転をしている、ドライバーの方でも、運転の基本操作を
再確認したいと思った事があるのではないでしょうか?

 このような方々に向けた講習会として、安全運転講習という講習会が
存在します。

 安全の確認方法やどこで行っているのか気になる方も多いのでは?

 そこで今回は、安全運転講習の内容や特徴についてまとめてみました。
そもそも安全運転講習とは?

運転講習
【安全運転講習の概要】
 さて、そもそも安全運転講習とは、どのような講習会なのでしょうか?

 安全運転講習は、その名の通り安全運転に欠かせない基本操作を運転
しながら確認できる講習会
で、全日本交通安全協会が、
日本自動車連盟(JAF)、日本自動車工業会(JAMA)との共催によって
開催しています。

※安全運転講習の種類
  • 一般ドライバーを対象とした「セーフティトレーニング」
  • 50歳以上のドライバーを対象とした「シニアドライバースクール」

 このように分けられており、セーフティトレーニングは全国37か所、
シニアドライバーズスクールは全国29か所の自動車学校や免許試験所
(免許センター)で行われます。

 ちなみに、この安全運転講習以外にも、ペーパードライバーのみを
対象としたペーパードライバー講習もあるようです。

○ペーパードライバー講習の内容や料金とは
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-688.html


安全運転講習の内容とは?

ハンドル操作
【セーフティートレーニングの概要】
 さて、その安全運転講習のセーフティトレーニングはどのような
内容になっているのでしょうか?

※主なカリキュラムの内容
  • 運転の基本(車の日常点検、正しい乗車姿勢等)
  • パイロンスラローム(乗車姿勢、ハンドル操作)
  • 急ブレーキ体験1(低μマットを使用してABS作動体験など)
  • 急ブレーキ体験2(信号機と光電管を使用した人間の反応を加えたブレーキ体験)
  • 運転と反応(危険を判断しての回避操作)
  • コーナリング特性等

 セーフティートレーニングは、任意保険に加入している車を
持っていて、運転歴が1年以上でであれば参加する事ができます。
※車両は3・5・7ナンバーの自家用自動車(ABS付き車両に限る)

 また、内容に関してはASVコースとESCコースに分かれており、
ASVコースは衝突被害軽減ブレーキなどのASV車(先進安全自動車)の
技術を体験する事ができ、ESCコースではESC車(滑り防止装置)の
機能を体験する事ができます。

【シニアドライバーズスクールの概要】
 一方、シニアドライバーズスクールの内容はどのようになって
いるのでしょうか。

※主なカリキュラムの内容
  • 運転の基本1(車の日常点検と死角と視覚の違い)
  • 運転の基本2(乗車姿勢の確認とエアバッグの展開実験)
  • パイロンスラローム
  • 急ブレーキ体験1(低μマットを使用してABS作動体験など)
  • 急ブレーキ体験2(信号機と光電管を使用した人間の反応を加えたブレーキ体験)
  • 交差点講習1(右折車と直進車との事故防止)
  • 交差点講習2(見えにくい交差点での安全な通過方法)
  • 動体夜間視力測定等

 シニアドライバースクールでは、主に運転の基本操作を
再確認するという講習会で、こちらも運転歴1年以上で任意
保険の加入が必須となっています。

 さらに、Superシニアという、運転歴30年以上の方を対象
としたコースでは、運転診断やASV車(先進安全自動車)などを
体験する事ができます


安全運転講習の参加費用は?

子供たちの運転教習
【安全運転講習の金額】
 ここまでは、安全運転講習の概要や特徴について説明して来ましたが、
実際に安全運転講習を受講するための費用はいくらになるのでしょうか?

 この安全運転講習の講習は、セーフティートレーニング、シニア
ドライバーズスクールともに、4時間程度の半日制と、6時間程度の全日制
に分けられており、費用が異なります。

 さらに、交通安全協会会員であれば、価格も割安です。

※安全運転講習の受講料
  • セーフティートレーニング(全日)……会員:3,000円 非会員:4,000円
  • セーフティートレーニング(半日)……会員:1,000円 非会員:2,000円
  • シニアドライバーズスクール(全日)…会員:2,000円 非会員:3,000円
  • シニアドライバーズスクール(半日)…会員:1,000円 非会員:2,000円

 この安全運転講習の他にも、個々の自動車学校で開催している
安全運転講習や、トラックドライバーや企業向けの講習なども多く
あります。

 このような講習会を積極的に受講する事で、しっかりとした運転を行える
ようになり、故障や事故に遭う危険性も減るのではないでしょうか?
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.