よく読まれている記事

【原因・対策】ダンプトラックの事故事例を知りたい!

ダンプトラックの事故事例の紹介や原因と対策

 土砂や産業廃棄物を運搬する上で、欠かせないダンプトラック。

 ダンプ機構は荷台の積載物を一気に降ろす事ができる便利な機能
ですが、思わぬ事故が起きてしまうこともあります。

 今回は、事故を未然に防ぐためにもこれまでに起きたダンプ
トラックの事故事例を元に、原因や対策
をまとめてみました。


事例1.荷台への巻き込まれ

荷台を下げたダンプ
【荷台降下対策不足による事故】
 まずは、荷台への巻き込まれ事故の事例を確認していきましょう。

○発生状況

自動車整備工場で整備士が1人でダンプトラックの荷台の下に入り込み、荷台の上げ下げに使用する油圧ホースの交換中、荷台が降りてきてしまい車体と荷台の間に挟まれ死亡。

 この事故の原因は、以下のものが考えられます。

○作業原因

1.油圧ホースの圧力抜け
この作業中は、油圧ホースの圧力が抜けていたため、荷台が下がったと推測される。

2.荷台の降下対策不足
荷台の落下を防ぐための安全ブロックやつっかえ棒が用意されていなかった。

3.作業を1人で行ったこと
作業の指導者が不在だったため、この様な事故が発生した。

 では、この事故に対する対策とは、どのようなものがあるのでしょうか?

○対策

1.ホース交換手順見直し
荷台が降りてこないようにするための、安全対策を含んだ交換手順の見直し。

2.安全ブロックを使った荷台降下対策
油圧が抜けても荷台が落ちないように、安全ブロックやつっかえ棒を用意。

3.作業指揮者の直接指導
このような命の危険がある作業を行う場合は、1人では対処できない事もあるので、作業指導者が直接指導する。

 つまり、荷台降下対策と2人以上で作業を行えば、この事故は防げたと言え
ます。


事例2.荷台の送電線接触

黄色いダンプ
【荷台の格納忘れによる事故】
 次に、ダンプトラックの荷台の格納忘れによって発生した送電線接触
事故の事例について確認しましょう。

○発生状況

ダンプトラックの運転手が、作業の為にリフトアップしていた荷台を格納し忘れて、走りだしてしまった。

そのまま道路を横断している送電線に接触し、接触の衝撃により前輪を持ちあげる形で持ち上がってしまい、運転席は高さ6~7メートルの高さまで上がり、脱出出来なくなった。

また、ダンプの荷台が送電線に触れたことにより送電線の一部が切断され、近隣の家庭が停電になり、電気会社による損害賠償請求が行なわれた。

 この事故は、荷台を格納し忘れた事によって荷台が送電線に接触し、
損害賠償が発生したというものです。

 この事故の原因としては、以下のものが考えられます。

○作業原因

1.荷台の格納忘れ
作業の為にリフトアップしていた荷台を、格納し忘れた事による。

 では、この事故に対する対策とは、どのようなものがあるのでしょうか?

○対策

1.荷台の格納確認、
作業が終了したら必ずリフトを下ろして、確認を行う。

2.安全確認作業
発進前始業点検項目に基づいた点検を欠かさず行い、機器や計器の 点検も同時に行う。

 つまり、ダンプトラックの発進前に点検を欠かさずにいれば、この
事故が防げた
と言えるでしょう。


事例3.荷台の積載物落下

積載物落下
【安全確認不足による事故】
 最後に、ダンプトラック積載物の落下事故の事例を確認しましょう。

○発生状況

この災害は、一般家庭から出たごみの焼却灰を埋め立て処分場に廃棄しているときに発生。

被害者は6ヶ月ほど前から6tダンプでクリーンセンターで焼却された灰を埋め立て処分場まで運搬し投棄する作業に従事していた。

被害者はダンプトラックで作業中、ダンプの後部あおりを開けずに荷台を上げてしまい、焼却灰が後部あおりの方に押し詰めてしまった。

荷台のレバーを戻しても重さで下がってしまい戻らなくなったので後方に回り、荷台の開閉レバーを操作した際に焼却灰の2/3が落下し、灰に埋もれてしまった。

 この事故は、被害者の操作ミスにより、自ら荷台の焼却灰に埋もれて
しまったというものです。

 この事故の原因としては、以下のものが考えられます。

○作業原因

1.アオリの開け忘れて荷台を上げたこと
被害者がダンプトラックのアオリを開け忘れて荷台を上げた事により、荷台の積載物が落下してしまった。

2.作業手順の未確立
ダンプに積んだ焼却灰を埋立地に投棄するときに、荷台のアオリを開ける手順が定められていなかった。

3.安全衛生教育不十分
作業中にトラブルが発生した際の対処方法や対策も伝えられていなかった。

 では、この事故に対する対策とは、どのようなものがあるのでしょうか?

○対策

1.作業手順確認
荷台のアオリを開けるまでの手順を確立させること。

2.安全衛生教育の徹底
トラブル発生時の対処方法や対策を教えること。

 この事故はアオリを開けずに荷台を上げた時点で報告を行っていれば、防ぐ
ことが出来た
でしょう。


もっと知りたい重機やトラックの事故事例

壊れたトラック
【その他事故事例の紹介】
 今回はダンプトラックの事故事例を紹介しましたが、いかがだった
でしょうか?

 このような実際に起こった事故事例を把握しておくことで、同じ
ような事故を未然に防ぐ事もできます。

 また、ダンプトラックの他にもトラックやその他重機の事故事例
まとめていますので、もし興味がありましたら、ご覧になって
みてください。

○事故事例集
http://torack7.blog.fc2.com/?tag=物流事故事例集
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)