よく読まれている記事

【場合によっては日数軽減も‥】免許取消処分時の聴聞会とは?

公安委員会に意見を伝えられる、聴聞会とは

 スピード違反などで違反点数をためてしまい、免許が取り消し
や停止になってしまった。

 この際は、公安委員会による「意見の聴聞会」が行われてから、
処分内容が確定するんですが、この「意見の聴聞会」とは、どの
ような内容の会なのでしょうか?

 そこで今回は、免許取り消しや停止時に行われる聴聞会の
内容や流れ
についてまとめてみました。


意見の聴聞会とは

聴聞会の参加者
【行政処分の決定】
 さて、意見の聴聞会とはどのような事が行われる場なのでしょうか?

 意見の聴聞会は意見の聴取とも呼ばれ、地域の公安委員会が免許取り
消しになる人や、90日以上180日以内の免許停止になる人を集め、
公開聴聞を行なう行政処分の場です。

 この意見の聴聞会に参加する人は、聴聞期間中に反省の意を込めた
上申書(嘆願書、反省文)を提出できたり、証拠の提出や弁明が可能で、
場合によっては、処分内容が軽減される事もあります。

※聴聞会での証言
  • 同じ職場の同僚
  • 弁護士などの補佐人
  • 家族や友人

 また、本人以外の同僚や弁護士などに免許を失うといけない事情など
を証言してもらえる機会も設けられています。

 もしも公安委員会の処分内容に不服である場合は、異議申立てや取り
消し訴訟を起こせます。

 では次に、実際の聴聞会の参加から処分が確定するまでの流れについて
見て行きましょう。


聴聞会の流れとは

担当者
【1.「意見の聴取通知書」が届くので、返信する】
 聴聞会の流れは、公安委員会から「意見の聴取通知書」が届く事から
はじまります。

 この「意見の聴取通知書」には処分内容と聴聞会を行なう日時や会場
などが書いてあり、免許取り消し・停止が確定してから約2週間後に
届くので、参加の場合は公安委員会に通知書を返信して下さい。

 参加の場合は、返信してから約2週間後に参加日が設けられます。
 聴聞会が行われる場所は、地域の公安委員会や免許センター、警察署
などで、これは地域によって異なります。

 また、聴聞会に参加する際、以下の書類が必要になるので事前に
用意しておきましょう。

※聴聞会に必要な書類
  • 意見の聴取通知書
  • 免許証(又は運転免許停止処分書)
  • 上申書、嘆願書
  • その他、意見の聴取通知書に記載されている物

【2.「意見の聴取」】
 聴聞会の当日は指定された会場に向かい、受付をおこないます。

 その後、部屋に案内されるので、指定された席につき、意見の
聴取がはじまります。

 自分の出番になったら、公安委員会の担当者からの質問に答えて
いきます。

 聴聞会では公安委員会の担当者からは、以下のような質問を受けます。
 この答えの内容により、処罰が軽減される場合もあるので、しっかりと
答えるようにしましょう。

※聴聞会での質問例
  • 違反は事実であるか
  • 運転時は仕事かプライベートであるか
  • 超過したスピードや制限速度(スピード違反の場合)
  • なぜスピードを出したか(スピード違反の場合)
  • 当日飲んだ場所やアルコールの量(飲酒運転の場合)
  • 事故の原因や示談の状況確認(人身事故の場合)
  • 相手方の治療経過の確認(人身事故の場合)

 さらに最後に「何か言いたいことはあるか」聞かれ、この時に
上申書の提出や補佐人が証言を行なうことが出来ます。

【3.処分内容の確定】
 聴聞会で事実確認が終了したら、しばらく自由時間となり、その間に
公安委員会が意見の聴取内容を元に最終判断を行います。

 その後、処分内容が伝えられ、免許取り消しや停止の日数が
確定します。

【4.免許証を預ける、返納する】
 免許の停止が確定した人は、その場で免許を担当者に預け、免停後の
返還手続きや免許停止処分者講習の説明を受け、免許取消の人は
その場で免許が取り上げられます。

 また、免許停止後に受けると停止日数を短縮できる事もある、免許停止
処分者講習については以下を参考にしてください。

  ○免許停止処分者講習はどんな内容なのか教えて!
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-466.html

 以上で聴聞会は解散となります。

 ちなみに、聴聞会に出席しても、以下の場合は処分日数の軽減がないと
言われています。

※軽減がないと言われる事例
  • ひき逃げ・当て逃げ
  • 酒気帯び・酒酔い
  • 過労運転
  • 無免許(停止中・免許外問わず)
  • 過失の大きい死亡事故
  • 50キロ以上の速度超過


もしも、聴聞会に出席できなかったら?

弁護士
【任意で参加を行なう】
 では、仕事や病気などを理由に、聴聞会に出席できなかったら、どうな
るのでしょうか?

 実は、聴聞会への出席は義務ではないので、欠席してしまった場合は
通知どおりの処分日数となることが殆どです。

 さらに、事前に出席出来ないことがわかっている場合は、代理人を立て
ることも可能ですが、この場合処分日数が軽減される事はほぼありません。

 このような理由から、聴聞会は出席しなくても大丈夫かと思われるかも
知れませんが、用事などが無い場合には、出席したほうがよいでしょう。

 また、聴聞会へ出席の際はスーツなどを着用し、しっかりとした態度
臨むようにしましょう。

 また、実際に軽減措置が取られる場合は1段階ずつとなり、免許取り消し
3年が2年に、1年は免許停止180日に、180日の停止は100日になります。

※軽減措置の例
  • 免許取り消し3年が2年
  • 1年は免許停止180日に
  • 180日の停止は100日に

 軽減に有利な証拠や証言がない場合は、せめて上限書を作成して挑めば
処分軽減の可能性もあります。事故を起こしてしまった場合は、誠心誠意
対応することを心がけましょう。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)