【特別仕様車】トラックの寒冷地仕様車とは?

特別仕様車の寒冷地仕様とは

 トラックの中には、気温の低い一部地域で販売されている特別
仕様車「寒冷地仕様車」というものがあります。

 ですが、一般的な車両に比べて寒冷地仕様車は、具体的に何が
異なるのでしょうか?

 そこで今回は、トラックの寒冷地仕様車の特徴やメリット・
デメリットなど
についてまとめてみました。
そもそも寒冷地仕様車とは?

寒冷地のトラック
【寒冷地仕様車の概要】
 さて、寒冷地仕様車とは、寒冷地での使用を考慮した機器を取り付けた
車で、特別仕様車やオプション装備として扱われています。

 寒冷地仕様車は、酷寒地域である北海道では標準的な装備となって
いて、他の地域では新車の購入者が希望すればオプションとして装備
されます。

 この寒冷地仕様車が販売されている地域は、主に以下の地域です。

※寒冷地仕様車が販売されている地域
  • 北海道
  • 東北地方
  • 北陸地方
  • 甲信越地方
  • 山陰地方

 また、寒冷地仕様車は車種によっては防錆対策が一般車よりも強化
されているため、海沿いの地域では塩害対策として寒冷地仕様車を購入
する場合もあるようです。


寒冷地仕様トラックと一般的なトラックの違いとは

トラックのバッテリー
【一般的なトラックと異なる点は】
 さて、寒冷地仕様のトラックは、一般的なトラックと比べると
具体的にどのような特徴が見られるのでしょうか?

※寒冷地仕様車の特色
  • バッテリーのサイズが大きい
  • 冷却水(クーラント)の仕様変更
  • 温度調整機(サーモスタット)の設定変更

 さらに、車種によっては以下の設備も強化・変更されています。

※寒冷地仕様車に見られる設備
  • ワイパーモーターの強化
  • 車内暖房の強化
  • 防錆性の強化

 このように、寒冷地でも快適に運転できる事を目的に、一般的な
トラックよりも防寒性が強化されているという訳ですね。

 この寒冷地仕様は、日本における自動車メーカーのほとんどが
生産しており、トラックの場合は以下のメーカーが製造・販売
しています。

※トラックの寒冷地仕様車
メーカー
いすゞ
トヨタ
日産
車種
エルフ
ダイナ
アトラス
仕様の違い
バッテリー容量
バッテリー容量、フロントヒーター等
バッテリー容量

 寒冷地では暖房などの電気系統を酷使するため、バッテリーの容量が
一般的な車両よりも大きくなっている
ようですね。

 また、除雪剤などでサビてしまわぬように、防錆対策が施されている
ようです。


寒冷地仕様トラックのメリット・デメリットは

寒冷地を走るトラック
【寒冷地仕様車の利点は】
 さて、ここまでは寒冷地仕様のトラックについて説明して
きましたが、寒冷地仕様車を購入するメリットやデメリットは
どのような点があげられるのでしょうか?

※寒冷地仕様トラックのメリット
  • バッテリーが一般的なトラックより強力
  • 車種によっては暖房やワイパー、防錆設備なども強化されている

 寒冷地仕様車は寒さや雪に対して強く作られているため、寒冷地仕様
トラックを選べば、一般的な車両を選ぶよりも雪などが原因の事故や
故障などに遭う確率がグッと低くなります。

 そのため、たとえ寒冷地で使用するというわけでなくても、冬などの
季節には効果的です。

 しかし、その分デメリットも発生してきます。

※寒冷地仕様トラックのデメリット
  • 金額が一般的なトラックのよりも高い
  • 車重も一般的なトラックより重いため、燃費が高くなる

 寒冷地仕様トラックは、防寒設備のために一般的なトラックよりも
金額が高くなっていて、さらに車重も重くなっているため、燃費も悪く
なってしまいます。

 しかし、多少の金額の高さや燃費の悪さを無視してでも、寒冷地で長く
使用するトラックには安全性や利便性を重視した方が、長い目で見ると
経済的でしょう。


 以上のような特徴やメリット・デメリットを踏まえた上で、寒冷地仕様
トラックの購入を検討してみるのも良いかもしれませんね。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.