事業用トラック『ウイングボディ』

事業用トラック『ウイングボディ』
ウィングボディ
まるで鳥が羽をひろげたかのように荷台の扉が開く「ウイングボディ

通常の荷物の運搬の他、屋外でのイベントなどで、荷台を簡易的な舞台として使われることがあるトラックで、他のものとは違った用途でも使われるトラックです。

今回はこのトラックの形状についてかきたいと思います。

ウイングボディとは

貨物自動車の荷台形状の一つで、荷室の側面がすべて開放されるトラックのこと。
「箱車」「フルオープンバン」とも呼ばれています。
パネルバンやアルミバンの側面を跳ね上げて、横から荷物を載せることができる、荷物の積卸しがしやすいトラックです。側板と天井の一部を組み合わせた扉を開いたときに鳥の翼を広げたような形になるのでこう呼ばれています。

【登場したきっかけ】
バンボディでは荷台の後ろに扉があるが、奥まで積み込まなければ効率が悪い。側面にも扉をつけ、車の横から荷物を積めるようにしたバンボディもあるが、中に荷役作業員や運転手が入ってしまうと荷物に阻まれて外に出られなくなる恐れがある。
平ボディでは側面と後ろのあおり戸を開いて荷物を隙間なく積むことができるが、走行中の荷物の飛散や水濡れなどに対処するため幌やシートカバーで覆う必要がある。と、これらの問題をなくすために生まれたのがウイングボディです。

誕生してから積載効率や合理性が評価された結果、日本国内の多くの架装メーカーが追随して普及しました。

●側面から積む場合は前後方向に隙間なく荷物を積むことができる。
●後ろからでは長すぎるサイズの荷物を積むことができる(高さは天地方向の開口寸法に影響される)。
 というメリットがあります。

※保冷車や冷凍車でもウイングボディが採用され、冷気が逃げないように気密性を向上させています。

荷台構造

主流のウイングボディでは、バンボディの側面を上下に2分割し、下半分は平ボディのあおり戸のように下に開き、上半分は屋根と一体で開閉します。上半分は油圧または電動モーター、または紐・ロープによる人力で開閉します。

【安全装備】
ウイングを開けたままトラックを走行させて接触事故を起こす事が多いことから、近年ではエンジンキーがOFFの位置にないとウイングの開閉操作を行えないようにした安全装置(インターロックと呼ばれる)が装備されています。
またウイングを開けたままエンジンを始動させるとインターロックと連動した警報装置が作動して運転手に注意を促すものもあります。

素材は、アルミニウムが主体ですが、近年、炭素繊維強化プラスチックを採用したりする例もあります。

【各名称】
ウイングボディ各名称

参考:東急車輌製ウィングボディー


ウイングボディ製造メーカー


●日本トレクス
●パブコ
●小平産業
●日本フルハーフ
●トランテックス

●浜名ワークス
●北村製作所
●山田車体工業(ヤマダボデー)
●SGモータース
●矢野特殊自動車



おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.