よく読まれている記事

【夜間の事故防止】トラックの反射板とは?

夜間の追突事故を防ぐ、反射板とは

 トラックへの夜間の追突事故を防ぐために、大型貨物車両に
取り付けが義務付けられている反射板。

 この反射板は、トラックの側面や後部を覆う様に取り付けら
れてますが、一体どのような種類があるのでしょうか?

 そこで今回は、反射板の目的や基準などについてまとめて
みました。


反射板の目的とその効果とは?

トラックの反射板
【反射板の意味とは】
 さて、反射板とは、反射材や反射テープとも呼ばれ、夜間の運転中や路上
駐車中の追突事故を防ぐためにトラックの側面や後方に貼られています。

 そのため、夜間でも100メートル先からトラックの位置を確認することが
できる反射板を貼リつける事が義務付けられています。

※反射板の目的
  • 夜間のトラックの目印減
  • 追突事故防止


反射板の安全基準は

複数の反射板
【反射板の取り付け基準】
 では、反射板の取り付けは、どのような基準で定められているの
でしょうか?

 反射板の取り付けは、「道路運送車両法」中の「道路運送車両の保安
基準」
という、国土交通省の基準によって定められています。

道路運送車両の保安基準 第35条の2 側方灯及び側方反射器
次の各号に掲げる自動車の両側面には、側方灯又は側方反射器を備えな
ければならない。

1.長さが6メートルを超える普通自動車
2.長さ6メートル以下の普通自動車であるけん引自動車
3.長さ6メートル以下の普通自動車である被けん引自動車
4.ポール・トレーラ

126条 側方灯の灯光の色、明るさ等に関し、保安基準第35条の第2項の告示で定める基準は、 次の各号に掲げる基準とする。(略)

1.側方灯は、夜間側方150mの距離から点灯を確認できるものであり、かつ、その 照射光線は、他の交通を妨げないものであること。

2.側方灯の灯光の色は、橙色であること。

3.長さ6mを超える自動車に備える側方灯の照明部は、側方灯の前後方向45度の 平面により囲まれる範囲においてすべての位置から見通すことができるものであること。

4.長さ6m以下の自動車に備える側方灯の照明部は側方灯の前後方向30度の 平面により囲まれる範囲においてすべての位置から見通すことができるものであること。

側方反射器
道路運送車両の保安基準 第38条の2 大型後部反射器
貨物の運送の用に供する普通自動車であつて車両総重量が七トン以上の
ものの後面には、前条の基準に適合する後部反射器を備えるほか、大型
後部反射器を備えなければならない。(略)

第211条 大型後部反射器の反射光の色、明るさ、反射部の形状等に関し 保安基準第38条の2第2項の告示で定める基準は、次の各号に掲げる基準とする。(略)

1.大型後部反射器は、反射部又は反射部及び蛍光部からなる一辺の長さが130mm以上、 幅が130mm以上150mm以下(被牽引自動車に備えるものにあっては、195mm以上230mm以下)の 長方形であり、かつ、その長さの合計が1,130mm以上2,300mm以下であること。

2.被牽引自動車に備えるものは、黄色の反射部が赤色の反射部又は蛍光部により囲まれ ており、かつ、当該反射部又は蛍光部の幅は40±1mmであること。

3.被牽引自動車以外の自動車に備えるものは、黄色の反射部及び赤色の反射部又は 蛍光部からなる45±5度の角度をなす縞模様であり、かつ、その幅は100±2.5mmで あること。(略)

5.大型後部反射器は、昼間においてその後方150mの位置からその赤色部を確認でき るものであること。

6.大型後部反射器は、反射器が損傷し、又は反射面が著しく汚損しているもので ないこと。

反射板規則
 このように、側方反射器は全長6メートル以上の車に橙色の物を、
後部反射板は車両重量7トン以上の貨物車にそれぞれ取り付けが
義務付けられいるので、車検時も取り付けが必要です。


反射板の種類や金額は

三角の反射板
【市販されている反射板】
 さて、上記のように定められている反射板ですが、実際に市販されて
いるのはどのような物があるのでしょうか?

 反射板の主な種類は、以下の3種類に分けられます。

※反射板の主な種類
タイプ
三角形
四角形
六角形・楕円形
価格
1,000~2,000円台
1,000~10,000円台
1,000~2,000円台

 基本的にトレーラーには三角タイプと四角タイプの反射板をつける
事が義務付けられています。

 さらに四角タイプの、反射板の色も額縁タイプと縞模様タイプに
分かれており、トレーラーの場合は額縁タイプをつけなければ
なりません。

 その他のトラックの場合は、四角タイプや六角形、楕円形の
タイプをトラックの種類に関係なく使用する事ができます。

トラックに使用できる反射板
  • トレーラー
    三角、四角(額縁タイプのみ)
  • トラック
    四角、六角形、楕円形

 さらに、反射板の素材はガラスビーズタイプとマイクロプリズム
タイプに分かれ、現在はガラスビーズよりも3倍近くの光量がある
マイクロプリズムタイプが主流になっています。

※反射板の素材
  • ガラスボビーズ
  • マイクロプリズム

 このように分類される反射板は、ドライバーを事故から防ぐのに欠かせ
ないものなので、用途に応じて購入しましょう。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)