よく読まれている記事

【車体の特徴など】路線バスと貸切バスの比較・違い

路線バスと貸切バスの違い

 一般道や高速など停留所間の移動を目的に使われる路線バスと、
日数や時間、距離に応じてバスを1台ごと貸切る貸切バス。

 この二つのバスは、どのような特徴や違いがあるのでしょうか?

 今回は、路線バスと貸切バスの特徴や違いについて
まとめました。


路線バスについて

路線バス
【路線バスの特徴】
 そもそも、路線バスとはどういったサービスを行うのでしょうか?

○路線バスの概要

路線バス(乗合バス)とは、国から許可を受けた路線を運行し、その路線内で旅客の運送を行うバスのことです。

また、高速道路を使い一定の路線を走りながら都市を結ぶ高速バスも、同業態として扱われています。

大半の路線バスは、大型自動車第二種運転免許を持った運転手のみが乗務している「ワンマンバス」として運行されています。
路線バス運転手
○路線バスの車体

公共交通機関で使われる車両は、車両前方の左側または中間にドアが設けられいます。

さらに、前方と後方にドアが備えられていたり、前方1ヶ所、前方と中間、後方の3ヶ所にドアが備えられている車両もあります。

前方ドアは運転席の反対側に位置し、運転席の脇には運賃の精算を行う精算機が設置されている事が多く、乗客は前方ドアの利用時に運賃の精算を行ないます。
路線バス車内
○路線バスの座席

路線バスの座席は、大部分が進行方向を向いており、車両左側の前後のドア間は側面を向いている場合があり、乗客が多い路線は、殆どの座席を横向きにしている事もあります。

また、かつてはバス停の路面と車体の間に大きな段差があったため、車いすの利用者や高齢者は路線バスの利用が難しい事もありました。

しかし近年はバリアフリー法に基づいた車体であるワンステップバスといった低床式、ノンステップバスといった超低床式の車体が用いられているので、車いすの利用者や高齢者でもバスの利用が容易となっています。

 路線バスは、公共交通機関としての役割を果たすために、
ノンステップバスのような車体を作り、お客さんの利用を図っています。


貸切バスについて

貸切バス
【貸切バスの特徴】
 では、貸切バスとはどういったサービスを行うのでしょうか?

○貸切バスの概要

貸切バスとは、主に団体客が旅行などを目的に貸切を行う修学旅行などでお馴染みのバスで、「はとバス」などの観光バスも含まれます。

この貸切バスは、10人からの乗れる小型バスから、60人まで乗れる大型バス等が使用されます。

この貸切バスの業務を運営する貸切バス業者は、依頼者の要望する日数や時間、距離等に応じてバスを一台ごとに貸し出して料金を得ています。

一般的に貸切バスは運転士1名とバスガイドと呼ばれる車掌によって運行される事が多く、夜間の運転が行われる場合は運転士2名だけの場合もあります。

○貸切バスの車体

貸切バスの車体は、乗車口が前方一か所のみで、座席が進行方向を向いている事が多く、車いすの人用に中間部や後部に別の入口を設けている場合があります。
貸切バス車内
○貸切バスの座席

貸切バスの座席は、座席の後部を回転させて向き合えたり、テーブルが設置されている車両もあり、目的地まで楽しめる工夫が凝らされています。

 貸切バスは、依頼者の要望に答えるために営業していたり、車体も
観光向けに作られていることがわかります。


路線バスと貸切バスの違い

路線バスと貸切バス
【サービス内容の違い】
 では、路線バスと貸切バスのサービス内容にはどのような違いが
あるのでしょうか?

 ここでは、それぞれのサービス内容について比較したいと思います。

※路線バスのサービス内容
  • 一定区間を走る
  • 区間内で料金が決まっている
  • 運転士1人のワンマン運行

※貸切バスのサービス内容
  • 依頼者の希望した区間を走る
  • 日数や時間、距離によって料金が決まる
  • 運転士1、2名とバスガイドでの運行

 路線バスは、停車しないといけないバス停を停まっていくルートで走行
しますが、貸切バスは、依頼者が希望した区間や距離を走行します。

※路面バスの車両
路線バス車両
※貸切バスの車両
貸切バス車両


路線バス業者の比較

並んだ路線バス
【路線バス業者の違い】
 さて、ここまでは、路線バスと貸切バスの違いを説明しましたが、
普段利用することの多い路線バスの業者はどのような違いがあるので
しょうか?

 そこで、都内の路線バス業者を例に比較してみました。

都内路線バス業者の料金比較
都営バス:
小田急バス:
関東バス:
一般210円(全区間)
大人220円(一部区間210円)
大人220円(一部区間210円)

 都営バスは、都内23区内は210円の均一料金となってますが、他の
バス会社は都内の一部区間で金額が異なります。

 これは都営バスが均一制、他のバス会社が区間制を採用している為
あり、均一制は距離や時間に関係なく金額が変わらず、区間制は路線を
区間ごとに区切り、区間をまたぐごとに運賃が加算されます。

都内路線バス業者の製造会社比較
都営バス:
小田急バス:
関東バス:
いすゞ自動車、日野自動車、UDトラックス、三菱ふそう
いすゞ自動車、日野自動車、三菱ふそう
いすゞ自動車、日野自動車、UDトラックス、三菱ふそう

 また、各バス会社の車両製造会社は、メーカーに偏りなく様々な
メーカーの車両を使っているようです。

 最近では、ノンステップバスが多く導入されており、各バス会社
では次のような割合になっています。

ノンステップバスの割合
都営バス:
小田急バス:
関東バス:
100%(全車両)
95%
80%

 この数値を見ても、いかにノンストップバスが浸透しているのかが
分かるのではないでしょうか。

 このように、路線バスと貸切バスは、決められた路線内を走るか、
要望するルートを走るかの違い
と、客を運送する目的と、目的地まで
楽しめませる目的の違いがあることがわかりますね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)