よく読まれている記事

【新たな運転支援サービス】ETC2.0とは?

双方向運転支援サービス、ETC2.0とは

 高速道路の料金所をノンストップで通過できるETC。

 近年、このETCに新規機能を加えたETC2.0が注目されて
いますが、このETC2.0はどのような仕組や新機能を持って
いるのでしょうか?

 今回は、ETC2.0の仕組みや価格などについてまとめて
みました。


ETC2.0とは?

高速道路の渋滞
【ETC2.0の特徴】
 さて、ETC2.0とは、全国の高速道路1,600箇所に設置された
ITSスポットの情報により、双方向運転支援サービスを行う新たな
ETCの形で、以前はDSRCやITSスポットサービスという名称の
サービスでしたが、ETC2.0に統合されました。

 このETC2.0は高速道路の渋滞解消が目的であり、2016年度から
本格的に導入が開始される予定です。

※ETC2.0とは
  • 全国の高速道路から情報収集を行う
  • 双方向情報支援サービス
  • 渋滞解消が目的

 このような特徴があるため、頻繁に高速道路を利用する物流業者の
方などが、ETC2.0を導入しています。


ETC2.0の機能や仕組みは?

ETC2.0車載器
【リアルタイムに情報を得られる】
 さて、2016年度から導入が予定されているETC2.0ですが、具体的
にはどのような機能が備わっているのでしょうか?

 ETC2.0は、上項で説明したITSスポットから収集された情報を元に、
リアルタイムに危険地帯を知らせる安全運転支援や、迂回道路を案内する
渋滞回避支援、災害時の支援情報を配信する災害時支援
が行えます。

 また、従来のETCと同じく、高速料金の決済も可能で、民間駐車場での
支払いやドライブスルーの決済にも使用ができ、ETC2.0の専用レーンが
2017年春頃に導入される予定です。

 さらに、商業車の走行経路や急ブレーキ、急ハンドル情報などを物流
業者に提供して、より通りやすい道路を使用するための配送管理
行えるようになります。

※ETC2.0の機能
  • 安全運転支援
  • 渋滞回避支援
  • 災害時支援
  • 高速料金決済
  • 民間駐車場での支払い
  • ドライブスルーでの決済
  • 物流業の配送管理

 つまり、従来のETCの機能に加えて、カーナビや電子マネーの機能が
連動している
と言えますね。


ETC2.0の導入価格や割引は

お札と男
【ETC2.0を導入する場合】
 ここまでは、ETC2.0の特徴や機能を説明しましたが、実際に
車載器を購入する場合は、いくらぐらいで購入出来るのでしょうか?

※ETC車載器の価格
  • ETC
    5,000円から1万円台
  • ETC2.0
    2万円から3万円台

 2016年度からは、ETC2.0の搭載車に対する高速料金割引や、
交通量が少ない迂回道路を選ぶと料金が優遇される制度が導入される

予定です。

 また、ETC2.0車載器を購入する場合は、販売店やディーラーなどに
対応車載器かどうか確認してから購入しましょう。

 ちなみに、2015年の1月から3月の間に、ETC2.0車載器を
購入した方向けに、国土交通省が先着でQUOカード5,000円分を
プレゼントするキャンペーンを行なっていたようです…。

 もしもETC2.0が普及すれば、高速道路の渋滞が緩和されて、利用
料金もさらに安くなっていくかもしれませんね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)