よく読まれている記事

【原因・対策】パッカー車の事故事例を知りたい!

パッカー車の事故事例の紹介や原因と対策

 街の集積場に集まったゴミを回収・運搬するために
欠かせないトラックである「パッカー車」(ゴミ収集車)。

 パッカー車は一般的なトラックと異なる形状であるため、
実際に起こる事故は、予測できない内容である事があります。

 そこで今回は、事故予防用にパッカー車の事故事例と、
原因と対策
についてまとめてみました。


事例1.回転板への巻き込まれ

パッカー車に巻き込まれた車
【安全確認不足による巻き込まれ】
 まずは、パッカー車の回転板に誤って巻き込まれた事故事例を確認して
いきましょう。

○発生状況

パッカー車の作業員が1人で街路樹の枝を収集し、パッカー車の操作スイッチを押したが、回転板内に誤ってカラーコーンを投入してしまった事に気づく。

作業員は慌ててカラーコーンを取り出そうと回転板に手を伸ばしたが、そのまま右腕が巻き込まれてしまった。

 この事故はパッカー車の作業員が1人で作業中、回転板に誤って投入した
カラーコーンを取り出そうとして、回転板に腕を巻き込まれてしまった
事故です。

 この事故の原因は、以下のものが考えられます。

○作業原因

1.回転板作業前の安全確認不足
回転板を操作する前に安全確認を怠ったこと。街路樹の枝とカラーコーンを混ぜて路上に置いていたため、誤って回転板に投入してしまった。

2.1人での収集作業
パッカー車への収集作業は、安全衛生上2人以上の人数で行わないといけないが、1人で作業を行っていた。

 では、この事故に対する対策とは、どのようなものがあるのでしょうか?

○対策

1.回転板の操作前の安全確認徹底。路上に置く投入物の内容を必ず確認して、回転板への誤投入を防ぐ。

2.パッカー車への収集作業を行う際は、安全衛生上2人以上の人数で行い、緊急時でも対応できるようにする。

3.回転板に緊急停止スイッチが備えられていれば使用する。

 つまり、パッカー車の回転板を操作する前に、投入物の確認を必ず
行うことや、作業人数を2人以上に増やし、回転板の緊急停止スイッチを
使用すれば、
この事故は防げたと言えます。


事例2.ピット内への転落

ピット内のパッカー車
【サイドブレーキ解除による転落】
 次に、パッカー車のサイドブレーキ解除による転落事故の事例を確認しましょう。

○発生状況

清掃工場の路肩でパッカー車のブレーキランプを交換していたところ、パッカー車がゆっくり後退してしまい、後退する車体を押さえていた作業員とパッカー車がピットに落下。

この時、パッカー車のギアはニュートラル状態であり、輪止めもなくサイドブレーキも解除されていた。

 この事故は作業員がパッカー車のサイドブレーキを解除して、路肩で
作業を行ったため、パッカー車と作業員がピットに転落してしまった
事故です。

 この事故の原因としては、以下のものが考えられます。

○作業原因

1.路肩での作業
転落の恐れがある路肩でブレーキランプを交換していた。

2.サイドブレーキのかけ忘れや輪止めの不使用
パッカー車のサイドブレーキを解除して、車外で作業を行っていた。さらに、輪止めも用意されていなかった。

3.作業手順の確認不足
車両の整備は平坦な場所で行うといった、整備作業に関する作業手順が守られていなかった。

 では、この事故に対する対策とは、どのようなものがあるのでしょうか?

○対策

1.路肩の転落防止措置
転落の恐れがある危険地帯では、立ち入り禁止の表示や手すりなどを設置して、転落を防ぐ。

2.サイドブレーキや輪止めの使用
作業員が運転席から離れて作業を行う際は、サイドブレーキを確実にかけて、輪止めも使用して誤作動させないようにする。

3.作業手順の確認 車両の整備を行う際は、作業手順に基づいて平坦な場所で行う。

 つまり、路肩に転落防止措置を行い、サイドブレーキをかけて平坦な
場所で車両整備を行っていれば、
このような事故は起こらなかったはず
です。


事例3.パッカー車の火災

炎上するパッカー車
【カセットボンベによる爆発・火災】
 最後に、パッカー車が収集したカセットボンベによる火災事故の
事例を確認しましょう。

○発生状況

スプレー缶やカセットボンベなど、燃えないごみの収集を終えて清掃工場に戻ったパッカー車が、突如爆発・炎上した。

この火災によりパッカー車の作業員がやけどを負い、パッカー車が廃車になった。

 この事故はスプレー缶やカセットボンベを収集したパッカー車が突如
爆発・炎上してしまい、作業員がやけどを負い、パッカー車が廃車に
なってしまった事故です。

 この事故の原因としては、以下のものが考えられます。

○作業原因

1.スプレー缶やカセットボンベのガスが残っていた
この事故は、パッカー車が収集したスプレー缶やカセットボンベにガスが残った状態で、パッカー内の摩擦によって発生した火花にガスが引火してしまい、爆発・炎上が起こった。

2.作業員のガス量確認不足
スプレー缶やカセットボンベを収集する際に、作業員がガスの残量を確認できていなかった。

 では、この事故に対する対策とは、どのようなものがあるのでしょうか?

○対策

1.スプレー缶・カセットボンベのガス抜き
地域の住民は、スプレー缶やカセットボンベを廃棄する前に、ガスを全て噴射し、ガス抜きを行う。
また、地域によっては、ガス抜きを行った缶に穴を空ける必要がある。

2.作業員のガス量確認
スプレー缶やカセットボンベの収集時は、ガスの残量を確認し、パッカー内での爆発・炎上を防止する。

 つまり、地域の住民によるスプレー缶・カセットボンベのガス抜きが
確実に行われ、作業員がガスの残量を確認できていれば、
このような
火災事故を防げたはずです。


その他の重機やトラックの事故事例

横転したトラック
【その他事故事例の紹介】
 いかがだったでしょうか?

 こういった事故事例を元に対策を考えることで、思わぬ事故も
あらかじめ防ぐ事ができます。

 今回はパッカー車の事故事例を紹介しましたが、以前には
トラックやその他重機の事故事例をまとめています。

もし興味がありましたら、ご覧になってみてください。

○事故事例集
http://torack7.blog.fc2.com/?tag=物流事故事例集
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)